1. HOME > 鋼構造の基礎 > 組立梁とは?1分でわかる意味、断面性能、組立圧縮材の関係
スポンサーリンク

組立梁とは?1分でわかる意味、断面性能、組立圧縮材の関係

組立梁とは、複数の部材を組み立て1つにした梁です。単一梁に比べて断面性能が大きいです。組立梁として、トラス梁やラチス梁などがあります。今回は組立梁の意味、断面性能、組立圧縮材との関係について説明します。


トラス構造の意味は、下記が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

組立梁とは?

組立梁とは、複数の部材を組み立てて1つにした梁です。下図をみてください。例えば、トラス梁も組立梁の1つです。

平行弦トラス

トラス梁は、上弦材、下弦材、束材を組み立ててつくります。組立梁としての梁せいは、単一梁に比べて大きくできるので、断面性能も高いです。一方で接合部が増えるなど、納まりが面倒になります。


トラス構造の意味は、下記が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法


また、鋼材の価格が高い時代では、経済設計を行うために組立梁としました。現在は、材料非に比べて人件費が高騰しています。河口に手間のかかる組立梁は、高価な部材です。

組立梁の断面性能

組立梁の断面性能は、単一梁に比べて大きくできます。下図をみてください。単一梁は、製造規格があります。一方、組立梁は単一材を組み立て造るので、設計条件に合わせて大きくできます。

代表的な組立梁であるトラス梁は、大スパン構造に用いることが多いです。例えば、体育館やドーム、橋梁などです。梁せいが大きくなる分、内部空間に余裕がある建物に適しています。


大スパン構造の意味、橋梁の種類は、下記が参考になります。

大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係

橋の構造とは?5分でわかる全12種類の名称、特徴、強度、構造計算

組立梁と組立圧縮材の関係

組立梁に圧縮力が作用するとき、圧縮材の検討が単一部材とは異なります。組立梁はアングル材やチャンネル材などを使います。このとき、ウェブ面を通る軸(充腹軸)と、それに直交する非充腹軸で、それぞれ有効細長比を計算し、座屈耐力を決定します。詳細は、鋼構造計算規準をご確認ください。


充腹の意味は、下記が参考になります。

充腹形とは?

まとめ

今回は組立梁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。組立梁は、複数の部材を組み立てて造る梁です。単一の梁に比べて、自由に部材を造れるので大きな断面性能にできます。大スパン構造など、単一部材では対応できない建物に採用されます。トラス構造の意味、トラス構造の断面性能の算定は下記が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

断面二次モーメントとは?1分でわかる意味、計算式、h形鋼、公式


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 組立梁とは?1分でわかる意味、断面性能、組立圧縮材の関係