1. HOME > 鋼構造の基礎 > スチフナーってなに?1分でわかる意味と、目的

スチフナーってなに?1分でわかる意味と、目的

スチフナーという用語をご存知でしょうか。良く分からず聞き逃している方も多いと思います。今回はそんなスチフナーについて説明します。

スチフナーってなに?

スチフナ―とは、鉄骨部材のウェブに設けるプレートの1つです。鉄骨部材は座屈に注意することは皆さんご存知かと思います。座屈には、棒が座屈する現象の他に、鉄骨部材のウェブやフランジが局部的に座屈する現象があります。


スチフナ―は、ウェブが座屈することを防ぐプレートのことです。ところで、スチフナーは英語で「Stiffeners」といいます。Stiffenersは直訳すると、かたくするもの、固まらせるもの、という意味です。


英語からも、局部座屈を防ぐために鉄骨部材を「かたくする」「固まらせる」スチフナーの意味が良く分かります。


スチフナーの目的

前述したように、スチフナーはウェブの局部座屈を防ぐプレートです。下図を見てください。H型鋼の柱を描きました。ウェブにせん断力や圧縮力が作用すると局部座屈を起こします。それを防ぐため、下図のようなスチフナーを一定間隔毎に配置します。

また、梁部材でも同様にせん断力によるウェブの座屈や、曲げ応力発生時によるウェブの座屈を防ぐためスチフナーを設けることがあります。

スチフナーとリブプレートの違い

スチフナーとリブプレートはどう違うのでしょうか。実は、ほとんど同じ意味と考えます。厳密に言えば、若干使い方(目的)が違います。前述したように、スチフナーは座屈を防止する補強プレートです。


一方リブプレートは、「補強用のプレート」です。小梁と大梁を留めるガセットプレートの反対側に設けたり(ボルト芯と梁芯までの偏心曲げの処理)、柱脚のベースプレート補強で設けることがあります。リブプレートの方が、より使い道の選択肢が多いように思います。


ちなみに英語でリブは「rib」で、肋骨の意味です。肋骨は内臓を守る重要な骨ですが、肉体を補強する骨と強引に考えると、リブプレートの意味も「補強のプレート」と考えても良いでしょう。

まとめ

今回は、スチフナーについて説明しました。スチフナーが何か理解できたでしょうか。重要なのは言葉の意味だけでなく、設ける目的です。スチフナー、リブプレートなど、言葉の意味に惑わされることなく、正しい使い方を理解したいですね。以上、今回の記事が参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > スチフナーってなに?1分でわかる意味と、目的