1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のx方向とは?1分でわかる意味、y方向、通り芯との関係
スポンサーリンク

建築のx方向とは?1分でわかる意味、y方向、通り芯との関係

建築のx方向とは、図面の横方向です。y方向はx方向に直交する方向です。構造設計をするとき、地震力はx、y方向に作用すると考えます。今回は建築のx方向の意味、y方向、通り芯との関係について説明します。通り芯、通り符号の意味は、下記が参考になります。

壁芯、柱芯、通り芯とは何か?

通り符号とは?1分でわかる意味、決め方、通り芯の決め方、表記方法

建築のx方向とは?

建築のx方向とは、図面の横方向です。y方向は、x方向に対して直交する方向です。下図をみてください。これが建築のx、y方向です。

建築のx方向とy方向

建築物の構造計算は「方向」が大切です。荷重が、xとyのどちらに作用するか判断する必要があります。特に、地震力と風圧力はx、yの両方向に作用します。x、yが図面のどの方向になるか、是非理解しましょう。


地震力、風圧力の意味は下記が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係

建築のx方向とy方向、地震力との関係

下図をみてください。建物には長期荷重に加え、x方向とy方向に地震力が作用します。

建築のx方向とy方向

構造計算では、「X方向正加力」「Y方向負加力」のように、地震の加力方向(力を加える方向)を言葉で示します。


下図をみてください。X方向正加力、負加力、Y方向正加力、負加力の方向を矢印で示しました。どの方向に作用する力で、どの部材が抵抗するのか理解しましょう。

x方向とy方向、地震力

例えば、H形断面を柱に使う場合、方向性があるので、強軸と弱軸のどちらをX、Y方向に向けるか注意が必要です。H形断面の詳細は、下記が参考になります。

H鋼とは何か?

建築のx、y方向と通り芯、通り符号の関係

建築の図面にはx、y方向と書くことは少ないです。ただし、図面内で方向を示すため、通り符号を入れます。通り符号とは、通り芯の位置を決める符号です。通り芯、通り符号の意味は、下記が参考になります。

壁芯、柱芯、通り芯とは何か?

通り符号とは?1分でわかる意味、決め方、通り芯の決め方、表記方法


下図をみてください。通り符号の入れ方の例ですが、図面のx方向(横方向)に「X1、X2・・・」と符号を付けます。y方向には、「Y1、Y2…」の順で符号を付けます。

通り符号

まとめ

今回は建築のx方向、y方向について説明しました。意味が理解頂けたと思います。x方向は、図面の横方向です。y方向は、x方向と直交する方向です。必ず覚えてくださいね。また通り符号と通り芯、x方向、y方向の関係も理解しましょう。構造計算には欠かせない考え方です。下記も併せて参考にしてください。

壁芯、柱芯、通り芯とは何か?

通り符号とは?1分でわかる意味、決め方、通り芯の決め方、表記方法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のx方向とは?1分でわかる意味、y方向、通り芯との関係