1. HOME > 構造計算の基礎 > 塔屋とは?1分でわかる意味、読み方、記号、床面積、高さ、階数との関係

塔屋とは?1分でわかる意味、読み方、記号、床面積、高さ、階数との関係

塔屋とは、建物の屋上から突きだした部分です。建築基準法に明確な定義は無いですが、建築面積の1/8以内かつ居室以外の用途(階段室、機械室など)の部分に該当します。塔屋は、ペントハウスともいいます。今回は、塔屋の意味、読み方、塔屋の記号、床面積、高さ、階数との関係について説明します。※床面積、階数の意味は、下記の記事が参考になります。

1分で分かる、階高と構造階高の違いとそれぞれの意味

建築物の層とは?1分でわかる意味、階との違い、使い方、構造計算

塔屋とは?

塔屋は、建物の屋上から突きだした部分です。塔屋に該当すれば、階数や高さに算入しません。建築基準法に、塔屋の明確な定義は無いですが、下記の部分が塔屋に該当することが読み取れます。


・居室以外の部屋(階段室、機械室など)

・床面積が建築面積の1/8以内(およそ12%程度)


下図をみてください。これが塔屋です。建築面積に対して12%程度の面積で、居室として使いません。比較的、軽微な部分と考えて良いでしょう。

塔屋

構造計算では、塔屋に1Gの水平震度をかけて計算を行う方法などを行います。※水平震度の意味は、下記の記事が参考になります。

設計水平震度とは?1分でわかる意味、工作物、設備、galとの関係

塔屋の読み方

塔屋は、「とうや」と読みます。また、英語の「Penthouse」をカタカナ読みして、「ペントハウス」といいます。

塔屋を示す記号

塔屋は階数や高さに含めません。図面では、「PH階」や「PH」と書きます。Penthouseの頭文字をとった用語です。階数や高さに含めないので、「1〜5階」など、階を表す数字と分けて考えます。

塔屋と床面積の関係

塔屋の床面積は、


建築面積の1/8以内


と考えてください。これは、12.5%の割合です。

塔屋と高さの関係

塔屋に該当する場合、建物高さに算入しません。塔屋の高さは無視できる、という意味です。


関連する法律は、建築基準法施行令第二条1項六号ロです。法文の詳細は、e-govよりご確認ください。なお、建築基準法、施行令、規則の意味、違いは下記の記事が参考になります。

建築で使う法律とは?1分でわかる種類、建築基準法、施行令、規則との関係

塔屋と階数の関係

塔屋に該当する部分は、階数に含めません。塔屋階は、階数から除外できます。


塔屋の階数に関する規定は、建築基準法施行令第二条1項八号に明記あります。※階数、階の意味は下記の記事が参考になります。

建築物の層とは?1分でわかる意味、階との違い、使い方、構造計算

まとめ

今回は塔屋について説明しました。意味が理解頂けたと思います。塔屋は、建物の屋上から突きだした部分です。居室以外の部屋で、床面積が建築面積の1/8以内とします。塔屋階になるかどうかで、建築基準法の扱いが大きく変わります。判断を間違えないよう注意したいですね。心配な方は、所管の審査機関などにお問い合わせくださいね。


なお、下記の記事も併せて参考にしてください。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率

建築物の層とは?1分でわかる意味、階との違い、使い方、構造計算

建築で使う法律とは?1分でわかる種類、建築基準法、施行令、規則との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 塔屋とは?1分でわかる意味、読み方、記号、床面積、高さ、階数との関係