1. HOME > 構造計算の基礎 > 突出部の水平震度は?1分でわかる意味、地震力の求め方、突出部の例

突出部の水平震度は?1分でわかる意味、地震力の求め方、突出部の例

建築物の突出部とは、塔屋や屋上突出物のことです。突出部は、水平震度を考慮し地震力の設計を行います。今回は、突出部の水平震度、地震力の求め方、突出部の例について説明します。なお、2mを超える片持ち部材は、鉛直震度1Gを考慮します。水平震度、鉛直震度の意味は、下記の記事が参考になります。

設計水平震度とは?1分でわかる意味、工作物、設備、galとの関係

鉛直荷重とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、計算式、垂直荷重

突出部の水平震度とは?

突出部とは、屋上に設置される工作物や、塔屋、架構から2m以上飛び出す部分です。突出部には、水平震度1Gが作用すると考えます。普通、建築物に作用するせん断力係数は


0.2〜0.3


程度です。大地震時には1.0を考慮します。よって突出部は、大地震時に相当する地震力を考慮します。


※水平震度とは、水平方向に作用する地震力の割合のことです。水平震度の詳細は、下記の記事が参考になります。


設計水平震度とは?1分でわかる意味、工作物、設備、galとの関係

また、2mを超える片持ち梁は鉛直震度1Gを考慮します。考え方は水平震度と同じです。地震は鉛直方向にも作用するので、突出部は余分に地震力を考慮します。鉛直震度の意味は、下記の記事が参考になります。

鉛直荷重とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、計算式、垂直荷重

突出部に作用する地震力の求め方

突出部分の重量をWpとします。水平震度k=1.0(1Gのこと)でしたね。よって、突出部に作用する地震力Qは下記です。


Q=Wp×k=Wp


上式より、突出部の地震力は、重量の大きさのままです。重量が、そのまま水平力として作用します。


突出部に作用する地震力は思っている以上に大きいです。突出物の部材を確認するだけでなく、本体構造物に問題ないか検討が必要ですね。

突出部に該当する例

突出部の例を下記に整理しました。


塔屋

架構から2m以上、突出する工作物など(看板、水槽、煙突、昇降機)

屋外階段


塔屋に該当する場合、突出部と考えます。また、架構から2m以上、突出する部分は水平震度を考慮しましょう。下図をみてください。2m以上突出して、外壁だけ受ける部分があります。この部分は、水平震度1Gを考慮した検討が必要ですね。

突出部の例

まとめ

今回は突出部の水平震度について説明しました。意味が理解頂けたと思います。突出部とは、2mを超える部分です。屋上に設置する工作物、設備機器など注意してくださいね。また、2mを超える片持ち梁は鉛直震度を考慮します。鉛直震度の意味も併せて理解しましょう。下記の記事が参考になります。

設計水平震度とは?1分でわかる意味、工作物、設備、galとの関係

鉛直荷重とは?1分でわかる意味、読み方、求め方、計算式、垂直荷重


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 突出部の水平震度は?1分でわかる意味、地震力の求め方、突出部の例