1. HOME > 構造計算の基礎 > 天端とは?1分でわかる意味、読み方、対義語、建築での使い方
スポンサーリンク

天端とは?1分でわかる意味、読み方、対義語、建築での使い方

天端とは、物や部材の頂部(頂点)を意味する用語です。同じ意味で、上端があります。また、下側の端部を意味する用語に、下端があります。今回は、天端の意味、読み方、対義語、建築での天端の使い方を説明します。上端、下端の意味は下記の記事が参考になります。

上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋

天端とは?

天端とは、物や部材の頂点のレベルを意味します。建築では、梁やスラブなど部材の頂点を示すときに使います。例えば、


スラブ天端

梁天端


と図面に描きます。


天端と同じ意味の用語に、上端(うわば)があります。どちらも実務で使いますが、天端のほうが一般的です。


スラブ天端や梁天端は、略して


スラブ天(すらぶてん)

梁天(はりてん)


ともいいます。実務では、正式名称で言わないことも多いので、意味を覚えてくださいね。下図に天端、上端、下端のレベルを示します。特に、天端と下端の違いは理解しましょう。

天端と上端、下端

天端の読み方

天端は、「てんば」と読みます。「てんたん」と読まないよう、注意してくださいね。下記に、天端に関係する用語の読み方を整理しました。


上端 ⇒ うわば

下端 ⇒ したば

天端の対義語、同義語

天端の対義語は


下端


です。下図をみてください。天端と下端を示しました。天端は、物や部材の頂点を意味します。下端は、下側の端部(点)のことです。

天端と上端、下端

天端の同義語に、


上端


があります。上端と下端の意味は、下記の記事が参考になります。

上端筋とは?1分でわかる意味、読み方、スラブ筋の上端筋と下端筋

建築での天端の使い方

建築では、度々、「天端」という用語を使います。例えば、下記の使い方があります。


スラブ天端

梁天端

パラペット天端


スラブ天端は、スラブの頂点のレベルを意味します。梁天端は、梁の頂点のことです。構造部材のレベルは、建築物を建てる上で最も大切です。スラブ天端、梁天端の意味は下記の記事が参考になります。


建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法


上記に限らず、部材などの「頂点のレベル」を意味するとき、「天端」といいます。ぜひ覚えてくださいね。

まとめ

今回は天端について説明しました。意味が理解頂けたと思います。天端は、物や部材の頂点のレベルを意味する用語です。建築の実務ではよく使います。設計図や、工事現場でも使う用語なので、必ず覚えましょう。あわせて、上端、下端の意味、スラブ天端などの関係も理解してくださいね。下記の記事が参考になります。

建築のSL,GL,FLとは?1分でわかる意味、CHとの違い、図面の表記法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 天端とは?1分でわかる意味、読み方、対義語、建築での使い方