1. HOME > 構造計算の基礎 > 踏面とは?1分でわかる意味、読み方、寸法、23cm、蹴上や階段との関係
スポンサーリンク

踏面とは?1分でわかる意味、読み方、寸法、23cm、蹴上や階段との関係

踏面(ふみづら)とは、階段の足をのせる板の上面です。階段を使うとき必ず「踏面」を歩きます。また、階段の段の高さを「蹴上(けあげ)」といいます。階段の歩きやすさは「踏面」「蹴上」で決まります。今回は、踏面の意味、読み方、寸法と23cm、蹴上や階段との関係について説明します。蹴上の意味、階段の種類は下記が参考になります。

階段の蹴上とは?1分でわかる意味、踏面、計算、建築基準法施行令23条

階段の構造は?1分でわかる7つの種類と名称、片持ち階段、構造計算

踏面とは?

踏面(ふみづら)とは、階段の足をのせる板の上面です。下図をみてください。これが踏面と蹴上の部分です。


蹴上と踏面


日常生活で階段を使う機会があると思いますが、踏面の部分を必ず歩きますよね。また階段の段の高さを「蹴上(けあげ)」といいます。階段には色々な種類がありますが、「踏面」と「蹴上」で構成される点は同じです。蹴上の意味、階段の種類は下記が参考になります。

階段の蹴上とは?1分でわかる意味、踏面、計算、建築基準法施行令23条

階段の構造は?1分でわかる7つの種類と名称、片持ち階段、構造計算

スポンサーリンク

踏面の読み方

踏面は「ふみづら」と読みます。関係用語の読み方を下記に示します。


蹴上 ⇒ けあげ

踊り場 ⇒ おどりば

階段 ⇒ かいだん


蹴上の意味、階段の種類は下記が参考になります。

階段の蹴上とは?1分でわかる意味、踏面、計算、建築基準法施行令23条

階段の構造は?1分でわかる7つの種類と名称、片持ち階段、構造計算

踏面の寸法と23cm

踏面の寸法は、一般的に15cm以上とします。ただし、建物の用途や種類で寸法の規定値が変わります。下図に用途ごとの踏面を示しました。


蹴上と蹴上の規定


上記の規定を満足する踏面の寸法を設定したいですね。

踏面と蹴上、階段との関係

階段の歩きやすさは、踏面と蹴上に影響します。階段の踏面と蹴上の関係は、一般的に下式とします。


55cm≦2R+T≦65cm


Rは蹴上、Tは踏面です。なお踏面や蹴上の寸法は、建物の用途ごとに建築基準法による規定が設けられています。

まとめ

今回は踏面について説明しました。意味が理解頂けたと思います。踏面は、階段の足がのる板の上面です。階段を使うとき必ず歩く部分ですね。踏面や蹴上の寸法は、歩きやすさに関係します。建築基準法で建物の用途ごとに寸法が変わります。暗記する必要は無いですが、書いてある内容に目を通しましょう。下記も勉強しましょう。

階段の蹴上とは?1分でわかる意味、踏面、計算、建築基準法施行令23条

階段の構造は?1分でわかる7つの種類と名称、片持ち階段、構造計算

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 踏面とは?1分でわかる意味、読み方、寸法、23cm、蹴上や階段との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事