1. HOME > 鋼構造の基礎 > ササラってなに?現役設計者が教える鉄骨階段とササラの関係や、意味

ササラってなに?現役設計者が教える鉄骨階段とササラの関係や、意味

私が建築業界に足を踏み入れた頃、初めて聞く用語に「ササラ」がありました。一見よくわからない言葉の意味ですが、実は、ササラは鉄骨階段に関係する用語です。


ではササラとは鉄骨階段の、どの部分でしょうか。どういった役割がある部材でしょうか。今回は、そんなササラについて説明します。


ササラってなに?

ササラとは、鉄骨階段を支える梁のことです。下図をみてください。これは鉄骨階段を上から見た図です。


このように、階段の段部を支える梁をササラと言います。下写真を見てください。これは、ある鉄骨階段です。

斜めに登っている部材が見えますね。また階段の段部が、斜めの部材に繋がっているように見えます。前述したように、この段部と取り付く梁がササラです。


ですから、皆さんも必ずササラは見たことがあります。例えば、下写真は名古屋市にあるビルの鉄骨階段です。

ササラは段部を隠す目的もあるため、段部はササラの横につく納まりが一般的です。しかし、上写真のように、あえて段部の納まりをデザインとして見せ、ササラは段部の下で受けることも可能です。


以上、鉄骨階段とササラの関係が理解して頂けたでしょうか。

スポンサーリンク
 

ササラの特徴

ササラの特徴を下記に示しました。


ササラは斜め梁になります。その分、スパンが長い梁なので変形や強度に注意しましょう。


ササラはどんな部材を使うか?

では、ササラにはどんな部材を使うでしょうか。一般的に、ササラはプレートを用います。薄いプレートだと曲がったり、強度的に不足します。そのため、最低でも12mm厚で、プレートのせいは250〜300程度にします。


但し荷重が大きな階段になるとプレートでは不足します。よってチャンネル材を用いることもありますし、一般の梁のようにH型鋼を用いることもあります。ようするに、階段として成立するように強度や変形に問題なければ良いのです。


ただ階段は、デザイン的に重要な部分です。ササラの形状や段部の形が人目につきます。あまり変なデザインにできないので、意匠設計者の感性が試される部分です。


番外編として紹介します。中にはササラを必要としない階段もあります。下写真をみてください。これは鉄骨造の螺旋階段です。

このように、円柱に段部が片持ち梁状に伸びています。片持ち梁になるので、段部の厚みはかなり太くなっていますね。見た目は驚きがあるのですが、1端でしか留まっていない構造なので、変形や振動に注意が必要な構造です。


まとめ

今回はササラについて説明しました。意味を理解してしまえば、とても簡単です。ササラは階段を受ける梁です。特に、段部との納まりやササラの接合部分など、納まりにも注意しましょう。以上、今回の記事が参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ササラってなに?現役設計者が教える鉄骨階段とササラの関係や、意味