1. HOME > 構造計算の基礎 > 階段の蹴上とは?1分でわかる意味、踏面、計算、建築基準法施行令23条

階段の蹴上とは?1分でわかる意味、踏面、計算、建築基準法施行令23条

階段の蹴上とは、階段の「段の高さ」です。似た用語に、踏面があります。これは、段の幅です。階段の蹴上と踏面は、上りやすい角度となるよう設定します。今回は、階段の蹴上と踏面の意味、計算方法、建築基準法施行令23条との関係について説明します。※階段の種類は、下記の記事が参考になります。

階段の構造は?1分でわかる7つの種類と名称、片持ち階段、構造計算

階段の蹴上とは?

階段の蹴上とは、階段の「段の高さ」です。段の幅を、踏面といいます。下図をみてください。これが、蹴上と踏面です。

蹴上と踏面

蹴上が大きすぎると、段を上るのが大変ですよね。下り(くだり)は足が届かなくて危険です。よって、一般的に蹴上は23cm以下とします。


一方、踏面は最低でも15cm以上です。踏面はできる限り大きくします。ただし、踏面を大きくし過ぎて、蹴上寸法を小さくすると、段の数が増え、躓きの原因にもなります。普通、後述する蹴上と踏面の関係、建築基準法施行令23条の規定に納めます。

階段の蹴上と踏面との関係

階段の蹴上と踏面の関係を下式に示します。


55cm≦2R+T≦65cm


Rは蹴上、Tは踏面です。例えば、蹴上を20とするとき、踏面は15〜25cmの範囲です。ただし、施行令23条に、階段の用途に応じた蹴上と踏面が規定されています。この規定も遵守します。

階段の蹴上と建築基準法施行令23条の関係

階段の蹴上と踏面は、建築基準法施行令23条に規定されます。また、建物の用途に応じて、蹴上と踏面は変わります。下図に、階段の蹴上と踏面の規定を示します。

蹴上と蹴上の規定

上記の通り、小学校の児童が使う階段の蹴上は、低めに設定されます。児童は身長が低く、足が上がらないためです。実際に階段を利用する人に合わせた、蹴上と踏面の設定が重要です。

階段の蹴上の計算

施行令23条の、蹴上と踏面の規定が、2R+Tの式を満足するか計算します。例えば、蹴上16cm、踏面26cmのとき、


2R+T=2×16+26=58


です。55〜65の範囲に納まるので、適切な勾配だといえます。施行令23条を守りつつ、2R+Tに納まる勾配の階段としましょう。

まとめ

今回は蹴上について説明しました。意味が理解頂けたと思います。蹴上は、階段の段の高さです。段の幅を踏面といいます。蹴上と踏面は、建築基準法施行令23条で規定値があります。また、蹴上と踏面の適切な関係に注意しましょう。階段の種類は、下記の記事が参考になります。

階段の構造は?1分でわかる7つの種類と名称、片持ち階段、構造計算


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 階段の蹴上とは?1分でわかる意味、踏面、計算、建築基準法施行令23条