1. HOME > 構造計算の基礎 >支点間距離とは?1分でわかる意味、支点、alcとの関係
スポンサーリンク

支点間距離とは?1分でわかる意味、支点、alcとの関係

支点間距離(してんかんきょり)とは、部材の支点から支点までの距離です。部材は必ず1つ以上の支点で支えられています。梁のたわみ、曲げモーメントなど、支点間距離が影響します。支点間距離をスパンともいいます。今回は支点間距離の意味、支点、alcとの関係について説明します。


支点、スパンの意味は下記が参考になります。

支点ってなに?支点のモデル化と、境界条件について

スパンとは何か?

支点間距離とは?

支点間距離(してんかんきょり)とは、支点から支点までの距離です。下図をみてください。これが支点間距離です。


支点間距離


支点間距離はスパンともいいます。スパン、支点の意味は下記が参考になります。

スパンとは何か?

支点ってなに?支点のモデル化と、境界条件について


なお、構造計算するときは、部材や支点を必ずモデル化します。支点の位置が明らかなので、支点間距離も分かりやすいですね。では、下図に示す梁の支点間距離は何メートルでしょうか。


支点間距離と支点の関係


支点の位置に悩みませんか?一般的に、荷重を支持する部材の芯(中心)を支点と考えます。支点間距離は6mです。また、構造設計の実務では、構造部材の留め方など総合的に判断して支点を決めます。

支点間距離と支点の関係

支点間距離は、支点から支点までの距離です。また、支点には下記の3種類があります。


ローラー支点

ピン支点

固定支点


です。詳細は下記が参考になります。

支点ってなに?支点のモデル化と、境界条件について

支点間距離とalcの関係

alc板は屋根や外壁によく用います。風圧力や屋根荷重に耐えるよう支点間距離は、規定値以下とします。


下図をみてください。支点間距離はどの長さでしょうか。これは各ALCメーカーの技術資料に明記ありますが、梁芯間距離とします。


支点間距離とalcの関係


なお、alcと梁の取り合いを考慮すれば、実際の支点間距離は、梁の内法寸法でもよいでしょう。Alcは下記が参考になります。

ALC外壁とは?1分でわかる構造、欠点、メーカー、各材料との違い

まとめ

今回は支点間距離について説明しました。支点間距離は、支点から支点までの距離です。構造計算やalc板の板厚を決める際に必要な情報です。モデル化された部材の支点間距離は簡単に読み取れます。実際の構造物の支点間距離は、どうなるか考えてみましょう。下記も参考になります。

支点ってなに?支点のモデル化と、境界条件について

スパンとは何か?

ALC外壁とは?1分でわかる構造、欠点、メーカー、各材料との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 支点間距離とは?1分でわかる意味、支点、alcとの関係