1. HOME > 構造計算の基礎 > 有効スパンとは?1分でわかる意味、スラブ厚、たわみ制限、片持ちスラブとの関係

有効スパンとは?1分でわかる意味、スラブ厚、たわみ制限、片持ちスラブとの関係

有効スパンは、スラブを支持する部材間の内法寸法のことです。実務では、簡単のため柱芯距離(スパン)を、スラブの有効スパンとすることも多いです。今回は有効スパンの意味、スラブ厚、たわみ制限との関係、片持ちスラブの有効スパンについて説明します。


※内法寸法、スパンの意味は、下記の記事が参考になります。

内法とは?1分でわかる意味、読み方、内法面積、窓、壁芯との関係

スパンとは何か?

有効スパンとは?

有効スパンとは、スラブを支持する部材間の内法寸法のことです。下図をみてください。これが有効スパンです。

有効スパン

※内法寸法の意味は、下記の記事が参考になります。

内法とは?1分でわかる意味、読み方、内法面積、窓、壁芯との関係


なお、スラブを支持する部材として、大梁、小梁があります。ただし、実務では簡単のため、スパン(柱芯間距離)を採用することも多いです。※スパンの意味は、下記の記事が参考になります。

スパンとは何か?


特に、小梁の位置は、現場で変更する可能性もあります。有効スパンでスラブ厚や断面を決定すると、梁の位置を移動した際、所定の性能を満たさないケースもあります。


スラブ厚や、断面算定の検定比は、現場の変更を考慮して余裕を持つことを忘れないでくださいね。

有効スパンとスラブ厚の関係

スラブの厚みは下記とします。


80mm以上

短辺方向の有効スパンの1/40以上


例えば、有効スパンが3.5mのとき、スラブ厚=87.5mm以上とします。


現在、スラブ厚は150mmが標準です。※スラブの意味、特徴は下記の記事が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

スラブ厚とは?1分でわかる意味、規準、かぶり厚、調べ方、マンション

有効スパンとスラブのたわみ制限

スラブのたわみ制限は下記とします。


長期荷重によるたわみ=有効スパン/250以内

変形増大係数を考慮したたわみ=有効スパン/4000以内


スラブのたわみ制限は、有効スパンの1/250以内です。ただし、クリープなどによる変形増大係数16倍を考慮して、有効スパンの1/4000以内に抑えます。※変形増大係数の意味は、下記の記事が参考になります。

変形増大係数とは?1分でわかる意味、木造、コンクリート、鉄骨の値

有効スパンと片持ちスラブとの関係

前述より、片持ちスラブの有効スパンも、スラブを支持する内法寸法で良いです。ただし、片持ちスラブは1端でしか支えていません。前述した変形増大係数の考慮はもちろん、「鉛直震度」による荷重の割増しを考えます。


例えば、片持ちスラブは存在応力の1.5倍に対して、長期許容応力度を満足することを確認する方法があります。※鉛直震度は、下記の記事が参考になります。

片持ち梁の設計と鉛直震度の関係

まとめ

今回は有効スパンについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。有効スパンは、スラブを支える支持部材間の内法寸法です。実務では、柱芯間距離(スパン)を使うことも多いです。内法寸法やスラブの意味も併せて理解してくださいね。下記の記事が参考になります。

内法とは?1分でわかる意味、読み方、内法面積、窓、壁芯との関係

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 有効スパンとは?1分でわかる意味、スラブ厚、たわみ制限、片持ちスラブとの関係