1. HOME > 構造計算の基礎 > frpとは?1分でわかる意味、特徴、建築での使い方、現状

frpとは?1分でわかる意味、特徴、建築での使い方、現状

frpは繊維強化プラスチック(fiber reinforced plastic)の略称です。建築の構造部材としては、利用不可ですが、耐食性を活かしユニットバスや防水などに利用されます。今回は、frpの意味、特徴、建築での使い方と現状、今後、構造部材として利用可能か、ご紹介いたします。

※現状、建築の構造部材は、木、鋼、RC、アルミのみです(但し、大臣認定で認めた場合は例外)。下記の記事も併せて参考にしてください。

構造材料について

frpとは?

Frpとは、繊維強化プラスチック(fiber reinforced plastic)の略称です。建築では、ユニットバスの浴槽、防水、型枠などに使います。


プラスチックを繊維で強化した材料なので、「腐りにくい」です。よって、水気が多い場所(海、プールなど)、腐食しやすい場所で使える材料です。


詳しくは下記の記事も参考になります。

frp防水の特徴と費用の相場について


また、船の主材料です。最近では、飛行機の機体にも使われています。Frpは、鋼やアルミよりも軽量で強度が高い材料です。

Frpの特徴

Frpの特徴を下記に整理しました。


Frpは、軽くて強い材料です。強度を重量で除した値を比強度といいます。Frpと鋼を比強度で比較すると、3倍以上frpの値が大きいです。


一方で、ヤング係数は鋼より小さい材料です。建築の構造部材は、たわみや座屈の検討も行うので、ヤング係数の低いfrpには注意が必要と考えます。


また耐食性が高い材料です。塩害や水による腐食の影響をほとんど受けません。但し、熱や紫外線には注意が必要です。

frpと建築での使い方、現状

現状、建築業界でのfrpの使い方を整理しました。


腐りやすい環境で適用されていますね。


建築部材は、構造部材を「仕上げ」します(構造部材が直接露出しない)。そのため、frpの耐食性というメリットが目立ちにくいですね。


一方、土木の橋梁など、構造部材が直接外気にふれる場合、frpの特徴が活かせるでしょう。

frpは建築の構造部材として利用可能?

木、鋼、鉄筋コンクリートと比べると、frpは、まだ使いにくい状況です。下記に懸念される項目を整理しました。


まだ、解決すべき項目も多いですが、アメリカでは、frpの建物を建設した事例もあるので、今後の研究により、frpが建築の構造部材として使える日がくるかも知れませんね。

まとめ

今回はfrpについて説明しました。建築での使い方、特徴、構造部材としての可能性を一部紹介しました。現在、建築の構造部材は、木、鋼、鉄筋コンクリート、アルミのみ使えます。今後、技術が進化して、frpが自由に使えるかもしれませんね。下記の記事も併せて参考にしてください。

建築材料の種類

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > frpとは?1分でわかる意味、特徴、建築での使い方、現状