1. HOME > 構造計算の基礎 > 機械的性質とは?1分でわかる意味、一覧、伸び、耐力、絞りの意味

機械的性質とは?1分でわかる意味、一覧、伸び、耐力、絞りの意味

機械的性質とは、材料の力学的特性のことです。例えば、伸び、耐力(降伏点や引張強さ)、絞りです。今回は、機械的性質の意味、一覧、伸び、耐力、絞りの意味について説明します。鋼などの金属材料には、色々な種類があります。下記の記事を参考に、鋼種ごとの機械的性質を調べてみましょうね。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

機械的性質とは?

機械的性質とは、材料の力学的特性のことです。例えば、下記の項目があります。


特に大切なのが耐力です。よく使う鋼材の降伏点と引張強さの値は、覚えると便利です。例えば、SN400、BCR295、SD295A、SD345などです。下記の記事に、それぞれの機械的性質を示しました。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

SS,SN,SM材

機械的性質の一覧

機械的性質には下記があります。


それぞれ説明します。

降伏点

降伏点とは、材料が降伏するときの強度です。降伏とは、材料が弾性領域から塑性領域に移行することです。弾性、塑性については下記の記事が参考になります。

弾性と塑性の性質について


また、降伏点の意味は下記の記事が参考になります。

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ


建築物の構造計算では、降伏点の値を用いて許容応力度計算をします。許容応力度の意味は、下記の記事が参考になります。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

引張強さ

引張強さとは、材料の引張力に対する最大強度を意味します。例えば、SN400の引張強度の下限値は400N/muです。


引張強さについては下記の記事が参考になります。

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

伸び

伸びとは、材料の変形量のこと、又は元の長さに対する変形量との比率をいいます。伸びやすい材料であるほど、「変形しやすい」です。より、エネルギーを吸収できる材料です。伸びについては下記の記事が参考になります。

材料の伸びとは?1分でわかる意味、定義、計算、必要性、絞りとの関係


また、下記の記事も参考にしてください。

靭性とは?靭性のある材料とは?建物の耐震性との関係

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?


降伏比とは、降伏強度に対する引張強度の比率です。降伏比は、大きい値より小さい値のほうが良いです(エネルギーを、より吸収できる材料といえます)。降伏比については、下記の記事が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

絞り

絞りとは、材料の厚み方向の伸びやすさを意味します。絞りについては下記の記事が参考になります。

板厚方向とは?1分でわかる意味、絞り値、ラメラテア、引張力との関係

まとめ

今回は機械的性質について説明しました。意味が理解頂けたと思います。機械的性質は、材料の力学的特性のことです。特に、材料の「耐力」の見方は覚えてくださいね。引張強さや降伏点があります。建築物の設計では、降伏点をもとに許容応力度計算を行うことも理解するといいですね。下記の記事も併せて参考にしてください。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 機械的性質とは?1分でわかる意味、一覧、伸び、耐力、絞りの意味