1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 設計事務所のcadオペレーターとは?仕事内容、必要な資格、将来性
スポンサーリンク

設計事務所のcadオペレーターとは?仕事内容、必要な資格、将来性

設計事務所にはcadオペレーター(以降、cadオペ)という職業があります。cadオペの主な仕事は、設計者から指示を受けて図面の作成、修正を行います。もちろん設計者もcadで図面を描きますが、負担軽減をするためcadオペを雇う設計事務所もあります。今回はcadオペの仕事内容、必要な資格、将来性について説明します。


設計事務所は下記が参考になります。

設計事務所とは?1分でわかる意味、仕事内容、給料、大手

設計事務所のcadオペレーターとは?

設計事務所のcadオペは、設計者から指示を受けて図面の作成、修正を行う職業です。設計者もcadを使えますが、負担を減らすためにcadオペを雇うことが多いです。


ただし、後述しますが今後、cadオペの役割は減るでしょう。理由として、そもそも設計者自身がcadを使えること、BIMで図面作成が省力化されること、などが挙げられます。

cadオペレーターの仕事内容

cadオペの仕事内容は、主に


図面作成、図面修正


です。ただし、図面の内容は設計者が決めます。技術的なことを考える必要は無いでしょう。

cadオペレーターの必要な資格

前述した仕事内容のため、cadオペに求められる資格は不要かもしれません。ただし、今後はますますcadオペの需要は減ります。cadオペを目指すのではなく、将来的に建築士などへのスキルアップを考えるべきでしょう。建築士の資格は、下記が参考になります。

建築系の就職に必要なたった1つの資格と、就活に不要な資格

cadオペレーターの将来性

cadオペは、設計者から指示を受けて図面の作成、修正を行うことが仕事です。正直いうと、cadオペは将来性の低い仕事です。今後、建築設計業界で真っ先に無くなる仕事の1つかと思います。


なぜなら、建築設計者がcadを使えるのは当たり前です。設計者の仕事の負担を軽減するためにcadオペという職業があります。最近では図面作成の補助ツールや、BIMを使った二次元図面の自動生成も可能となりました。


「設計者から指示された通り図面をcadで描く、修正する」だけの仕事は、今後、不要となるでしょう。


実務経験を積みながらスキルアップを行い、設計者(技術者)を目指すべきでしょう。

まとめ

今回はcadオペの仕事内容など説明しました。理解頂けたと思います。今後は益々、cadオペとしての需要は減ると思います。スキルアップを狙い、設計者を目指しましょう。まずは二級建築士の資格が必要ですね。建築士の詳細は下記が参考になります。

二級建築士になるには?1分でわかる方法、受験資格、独学、合格率


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 設計事務所のcadオペレーターとは?仕事内容、必要な資格、将来性