1. HOME > 建築構造に関する一般向け情報 > 住宅のリフォームの費用と相場

住宅のリフォームの費用と相場

新築の住宅を購入してから数十年経ちました。見るからに古くなっていく住宅ですが、残りの人生を考えると建て替えるのは勿体ない。そうだ、いっそのことリフォームしよう。そう考える人も多いと思います。でも住宅をリフォームという経験も一生に一度のことなので、一体いくら必要になるか知りたいですよね?そこで今回は、住宅のリフォーム費用とその相場について特集したいと思います。


スポンサーリンク


・外部のリフォーム?内部のリフォーム?

住宅には大きく分けて外部と内部があります。外部とは、外気に面している外壁や屋根が該当します。一方、内部は内部空間と言うように部屋のことです。例えば、外観は古くなっていても部屋の内部はキレイにしていたので、全くリフォームする必要はないかもしれません。逆に、内部はキレイでも外観が古くなったのでリフォームしたい人もいるでしょう。そこで、内部と外部リフォームの特徴について説明します。


外部と内部リフォームの特徴について

まず外部リフォームの特徴について説明します。外部リフォームの代表格が、外壁です。外壁は雨風や日射に晒されているので、特に劣化が激しい部分です。一般住宅なら平均して10年でリフォームまたはメンテナンスの点検が必要です。内部空間よりも劣化が激しいのが特徴ですが、工事は比較的簡単です。一方、内部のリフォームは外部に対して劣化の進行スピードは遅いですが、水回りなどは劣化が早くなります。また、シロアリが原因で外部から内部に至るまで木や土台が腐った、という事例もあるので注意が必要ですね。また内部のリフォームは工事が難しいデメリットがあります。


・水回りのリフォーム費用と相場について

内部空間の中でも水回りは劣化の進行スピードが速いです。そのため、10年使用すれば新築時の性能は保てなくなります。水回りで特にリフォームする機会が多いのが、キッチン、浴室、トイレです。また、水回りは漏水や湿気がたまりやすくシロアリが原因で、基礎や土台が腐る影響があります。トイレのリフォームをしたら偶然見つけたという事例もありますから、リフォームの専門家に依頼するとき、合わせて確認してもらうといいでしょう。


キッチンのリフォーム費用と相場

例えばキッチンは主婦の方が毎日使う場所ですから、汚いまま使うのは嫌ですし、リフォームしたいですよね。では、いくら費用が発生するのか?キッチンにも種類があって当然グレードの良し悪しで変わりますが、平均して100〜150万円程度が相場です。流行りの対面式キッチンにすると、150〜200万程度まで上がります。また、キッチンを取り換えるだけでも、部屋の中で工事をする必要があるので、1、2週間は工事のために部屋を開けておく必要があるので注意しましょう。


・外部のリフォーム費用と相場

外壁は内部空間よりも劣化の進行が早く、すぐに汚くなったりサイディングにひび割れが発生します。ひび割れが発生しても構造的に問題ないのですが、サイディングが落下すると問題です。特に2階建て住宅の方は周辺住民に影響があると大変ですから注意したいですね。外壁のリフォーム費用は建物によって違います。なぜなら、外壁は外壁面の面積が大きければ大きいほど高くなるからです。


外壁のリフォーム費用と相場について

外壁のリフォーム費用は建物によって違うことを説明しました。当然大きな家の外壁をリフォームしようと思えば、金額は高くなります。まず、外壁リフォームをする前に専門家に依頼してきちんと、調査することが大切です。なぜなら、一見汚く見える外壁でも単に掃除不足で実際は問題ない場合があるからです。外壁が問題ないかどうかは、リフォームの専門業者か外壁のメーカーに効かなければ正しい答えはわかりません。一方でリフォームすることが決定した場合、その費用の相場ですが、平米単価で3000円程度でしょうか。但し、建築の費用はあってないようなもので、実際に見積もりをとるまで分かりません。できるだけ多くのリフォーム業者から見積もりを貰いましょう。


リフォームは外部と内部に分けて考えよう。

単にリフォームといっても、内部と外部のリフォームに分かれます。外部は劣化度合がすぐに分かりますが、意外と内部はどれだけ劣化が進行しているのか判断できません。大抵、問題が発生してからリフォームします。大事なのは、定期的にメンテナンスや調査を専門家に依頼することです。 専門家に依頼するときは、内部と外部に分けてリフォームを依頼すると話がスムーズになりますよ。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 配管とダクトの比重