1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築構造設計基準とは?1分でわかる意味、国土交通省、最新版
スポンサーリンク

建築構造設計基準とは?1分でわかる意味、国土交通省、最新版

建築構造設計基準とは国土交通省による、官庁施設の構造設計に適用される設計基準です。建築構造設計基準では、構造設計の大まかな諸条件について書いてあります。さらに建築構造設計基準の資料編では、具体的な数値や方法が示されています。官庁施設の設計では「建築構造設計基準」に基づいて設計することが、設計の仕様書に書かれることが多いです。


今回は、建築構造設計基準の意味、国土交通省との関係、最新版について説明します。なお、建築構造設計基準の書籍は下記をご覧ください。

建築構造設計基準及び参考資料 平成30年版

建築構造設計基準とは?

建築構造設計基準とは、官庁施設の構造設計に用いる基準です。建築基準法に準拠しつつ、さらに独自の基準などが盛り込まれています。また、構造設計の詳細な方法や規定、数値などが示されています。


官庁施設(国などの施設)では、この建築構造設計基準に基づいて設計することが多いです。後述しますが、建築構造設計基準は更新が行われており、現在の最新版は平成30年版です。また、


建築構造設計基準

建築構造設計基準の資料


の2本立てです。建築構造設計基準では構造設計の諸条件や性能が示されています。建築構造設計基準の資料で、具体的な計算内容や数値が書いてあります。


建築構造設計基準および資料の単行本は下記が参考になります。

建築構造設計基準及び参考資料 平成30年版

スポンサーリンク

建築構造設計基準と国土交通省の関係

建築構造設計基準は国土交通省の営繕部整備課により書籍(資料)です。建築構造設計基準と建築構造設計基準の資料共に、国土交通省のHPからPDFがダウンロードできます。


建築構造設計基準はこちら⇒ https://www.mlit.go.jp/common/001232971.pdf

建築構造設計基準の資料はこちら⇒ https://www.mlit.go.jp/common/001232972.pdf

建築構造設計基準の最新版

建築構造設計基準の最新版は平成30年版が最新です。隔年で更新される度に国土交通省のHPで掲載されます。

まとめ

今回は建築構造設計基準について説明しました。書籍の意味など理解頂けたと思います。建築構造設計基準は、官庁施設に適用する構造設計の基準です。建築構造設計基準を読むだけでも、構造設計の方法や流れの一部がわかる資料です。書籍の詳細は下記をご覧ください。

建築構造設計基準及び参考資料 平成30年版

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築構造設計基準とは?1分でわかる意味、国土交通省、最新版
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事