1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築物の安全性は?1分でわかる意味、建築基準法との関係

建築物の安全性は?1分でわかる意味、建築基準法との関係

建築物は、普段はもちろん、災害時でも安全(人命を守る)である必要があります。そのため、建築物の安全性を確保するために、「構造設計」が行われます。また、建築基準法では、建築物の安全性が確保されるよう規定が設けられています。今回は、建築物の安全性、建築基準法との関係について説明します。※構造設計については下記の記事が参考になります。

構造設計と構造計算 その違いとは?

建築物の安全性は?

建築物は常時(平常時)、災害時において、安全であるべきです。普段の生活中に床が抜けては困ります。また、台風や地震で建築物が倒壊しては問題です。


そのため、建築物が安全であるよう「構造設計」が行われます。構造設計では、建築物が安全であるよう柱や梁の大きさ、配置などを決めます。さらに、平常時の力、災害時の力(地震の力、台風の力、雪の力など)を考慮して、計算をします。これを、構造計算といいます。


※構造設計、構造計算は、下記の記事が参考になります。

構造設計と構造計算 その違いとは?


私たちが、普段から安心して建築物を使えるのは、構造設計者が存在するからです。


なお、平常時と災害時の意味を下記に整理しました。


平常時 ⇒ 災害時以外の状態。日常の生活で作用する力に対して、建築物は安全であるよう設計する。

災害時 ⇒ 建築基準法で想定する災害の力は、地震、台風、積雪の3つのみ。※津波や竜巻などは、建築基準法の規定がない。建築物の中にいる人々の人命を守ることを目的とする。

建築物の安全性と建築基準法との関係

建築基準法では、建築物の安全性を確保する規定があります。建築基準法施行令第3章の「構造強度」の項目です。構造強度の詳細は、下記の記事が参考になります。

構造強度とは?1分でわかる意味、建築基準法施行令との関係


ここでは、構造計算の方法、構造材料の規定が示されています。どれも大切な規定ですが、令81条で具体的な計算内容が示されます。また、建築基準法20条で、建築物の規模に応じた計算方法の種類が規定されます。法20条、令81条の規定は下記の記事が参考になります。

建築基準法第20条とは?1分でわかる意味、構造耐力、計算ルート

建築基準法施行令81条とは?1分でわかる意味、解説、ルート1とルート3

まとめ

今回は建築物の安全性について説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築物は常に安全であるべきです。建築物の安全性は、構造設計、構造計算で確認されます。この仕事を行うのが構造設計者です。また、建築物が安全であることを確保するため、建築基準法にも規定があると覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

構造設計者に成るための就職先について

構造強度とは?1分でわかる意味、建築基準法施行令との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築物の安全性は?1分でわかる意味、建築基準法との関係