1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造設計の原則とは?1分でわかる意味、第36条の3、構造耐力上主要な部分との関係

構造設計の原則とは?1分でわかる意味、第36条の3、構造耐力上主要な部分との関係

構造設計の原則の原則とは、建築基準法施行令第36条の3の規定です。「構造設計は原則として、こうあるべき」という内容が書かれています。主に構造上の安全性に関わる規定です。今回は、構造設計の原則の意味、構造耐力上主要な部分との関係について説明します。※構造耐力上主要な部分の意味は、下記の記事が参考になります。

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部

構造設計の原則とは?

構造設計の原則とは、建築基準法施行令第36条の3に規定されます。「構造設計は、こうあるべき」という規定が書かれています。36条の3は、3項まであります。下記に内容を要約しました。


1項 ⇒ 建築物は用途、規模、構造の種別、土地の状況に応じて、あらゆる荷重に対して、構造耐力上安全であるようにすること

2項 ⇒ 構造耐力上主要な部分は、水平力に耐えるよう、釣り合い良く配置すること

3項 ⇒ 構造耐力上主要な部分は、使用上の支障となる変形、振動が生じないよう剛性をもたせること。瞬間的破壊が生じないよう、靭性を持たせること。


まず、1項では「あらゆる状況」「あらゆる荷重」に対して、建築物は安全であるよう構造設計すること、と規定されています。実際の法文では、荷重の種類が規定されています。建築物で考慮する荷重の種類は、下記の記事が参考になります。

荷重とは?1分でわかる意味、読み方、種類、応力との違い

荷重の組み合わせとは?1分でわかる意味、建築基準法、積雪荷重の扱い


2項は、建築物に作用する水平力の規定です。水平力として、主に風圧力と地震力があります。特に、日本は地震の被害が顕著で、地震力に対して「釣り合いよく」構造部材を配置することが明記されています。


「釣り合い良く」とは、「バランスよく」という意味です。これは偏心率や剛性率が関係します。詳細は、下記の記事が参考になります。

偏心率とは何か?

剛性率ってなに?剛性率の意味と、建物の耐震性


3項は、2つの内容が規定されます。1つは、使用上の支障の防止についてです。使用上の支障とは、私たちが「普段、建物の使用で支障になること」です。例えば、「床が傾く」ことは、使用上の支障です。使用上の支障の意味は、下記の記事が参考になります。

使用上の支障とは?1分でわかる意味、たわみ、制限、告示、スラブ


これを防止する方法として、構造部材に「剛性」を持たせることが規定されます。要するに、構造部材を「硬く」することです。剛性の意味は、下記の記事が参考になります。

剛性とは?本当に分かる剛性の計算、単位、強度との違い、バネ定数


もう1つは、構造部材が急に壊れないよう、靭性を持たせることです。靭性は、「粘り強いこと」です。靭性の意味は、下記の記事が参考になります。

靭性とは?靭性のある材料とは?建物の耐震性との関係

構造設計の原則と構造耐力上主要な部分との関係

構造設計の原則では、構造耐力上主要な部分に関する規定が明記されます。特に、2項と3項では、直接的に構造耐力上主要な部分の原則が書かれています。


・構造部材はバランスよく配置すること

・有害な変形が生じないよう、部材を固くすること

・急に壊れないよう、粘り強くすること


上記の3つが、構造耐力上主要な部分に必要だと覚えてくださいね。

まとめ

今回は構造設計の原則について説明しました。意味が理解頂けたと思います。構造設計の原則は、建築基準法施行令36条の3に規定されます。構造耐力上主要な部分に、「何が求められるのか」理解してくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

構造設計は、どんな仕事なの?

構造耐力上主要な部分とは?1分でわかる意味、種類、主要構造部


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造設計の原則とは?1分でわかる意味、第36条の3、構造耐力上主要な部分との関係