1. HOME > 構造力学の基礎 > シングル配筋とは?1分でわかる意味、壁厚、メリットとデメリット、配筋図

シングル配筋とは?1分でわかる意味、壁厚、メリットとデメリット、配筋図

シングル配筋とは、壁またスラブ内に鉄筋を1列配置することです。近年、スラブの配筋はダブル配筋が一般的ですが、壁はまだまだシングル配筋を使います。今回は、シングル配筋の意味、壁厚、メリットとデメリット、配筋図について説明します。※なおダブル配筋については下記の記事が参考になります。

ダブル配筋とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、壁厚、図面の描き方

シングル配筋とは?

シングル配筋とは、スラブ又は壁内に鉄筋を1列配置することです。最近の建築物では、スラブにシングル配筋を用いることは、ほとんどありません(ただし土間コンクリートではシングル配筋を使います)。


下図がシングル配筋です。

シングル配筋

ダブル配筋に比べて、鉄筋量が少なく施工も簡単です。※ダブル配筋については下記の記事が参考になります。


ダブル配筋とは?1分でわかる意味、メリット、デメリット、壁厚、図面の描き方


また千鳥配筋と呼ばれる方法もあります。千鳥配筋は下記の記事が参考になります。

千鳥配筋とは?

スポンサーリンク
 

シングル配筋のメリットとデメリット

シングル配筋は鉄筋量が少ない分、部材の耐力は小さいですがデメリットだけではありません。下記、メリットとデメリットです。

メリット

・鉄筋を1列に配置するだけなので施工が簡単。

・鉄筋が交錯する箇所でも、納まりがよい


シングル配筋は、鉄筋を1列に配置するだけなので、施工が簡単です。また鉄筋が交錯する箇所でも、鉄筋が納まりやすいです。

デメリット

・部材の耐力が小さい

・ダブル配筋に比べて、コンクリートのひび割れが起きやすい


ダブル配筋に比べると、鉄筋量が少ないので部材の耐力が小さいです。また、コンクリートのひび割れが起きやすいです。シングル配筋のまま、ひび割れを抑制するときは鉄筋のピッチを細かくします。※鉄筋のピッチについては下記の記事が参考になります。

鉄筋のピッチってなに?ピッチの意味と、各部材の鉄筋ピッチ

シングル配筋の壁厚・スラブ厚

シングル配筋は比較的薄い厚みの部材でも配筋可能です。ただし、壁厚(スラブ厚)が大きい場合、シングル配筋にすると鉄筋重心位置が大きくなりすぎて、耐力が小さくなります。壁厚が大きい場合(180または200など)は、計算外でダブル配筋としてよいでしょう。

壁厚

シングル配筋に適した壁厚は下記です。


t=120や150では、シングル配筋とします。前述したように、厚みが大きい場合、ダブル配筋とします。

スラブ厚

シングル配筋に適したスラブ厚は下記です。


スラブの場合、t=150でもダブル配筋とします。最近ではt=120のスラブは見かけませんが、土間コンクリートではt120が一般的で、シングル配筋とします。

シングル配筋とダブル配筋の違い

下図にシングル配筋とダブル配筋の違いを示します。

シングル配筋とダブル配筋の違い

シングル配筋の配筋図

シングル配筋の配筋図を下図に示します。

シングル配筋の配筋図

縦筋、横筋ともに1列に鉄筋を配置します。

まとめ

今回はシングル配筋について説明しました。シングル配筋の意味が理解頂けたと思います。シングル配筋の意味、メリットやデメリットを理解してください。また、実務ではごく当たり前のことなので、適用可能な厚みを覚えておきましょうね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > シングル配筋とは?1分でわかる意味、壁厚、メリットとデメリット、配筋図
  2. -->