1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築の監理とは?1分でわかる意味、管理との違い、仕事内容、資格

建築の監理とは?1分でわかる意味、管理との違い、仕事内容、資格

建築士は「設計」と「工事監理」という2つの独占業務を行えます。工事監理とは、設計図書通りに工事が実施されているか、確認することです。今回は、建築の監理、工事監理の意味、施工管理との違い、仕事内容、必要な資格について説明します。※建築設計については下記が参考になります。

建築設計とは?1分でわかる意味、土木設計との違い、仕事、資格

建築の監理とは?

一般的に、建築の「監理」とは「工事監理」のことをいいます。実際は、監理と工事監理の定義は違いますが、実務ではほとんど気にしていません。※監理と工事監理の違いは、国土交通省のパンフレットがわかりやすいです。


参考 国土交通省工事管理ガイドライン策定パンフレットP8より ⇒ http://www.mlit.go.jp/common/001185127.pdf


監理と工事監理の違いを下記に整理しました。


※設計図書は、下記の記事が参考になります。

設計図書とは?1分でわかる意味、読み方、優先順位、保存期間

スポンサーリンク
 

工事監理の仕事内容

工事監理の業務は主に2つあります。


例えば、鉄骨造は製作する前に製作図(施工図)をつくります。製作図に基づいて、鉄骨の骨組みやガセットプレートの接合部をつくるので、ここで設計図との照合が必要です。あるいは鉄骨屋さんから、設計者に対して「質疑」という形で、納まりの変更などが要望されます。


また鉄筋コンクリート造では、配筋検査を行います。※配筋検査については下記が参考になります。

配筋とは?1分でわかる意味、読み方、種類、配筋検査、鉄筋の名称


配筋検査では、実際の配筋が設計図書通りに実施されているか確認します。配筋検査をクリアしないとコンクリートは打設しません。これも工事監理業務の1つです。


上記だけでなく、基礎をつくってから竣工するまで工事監理の仕事は必要です。

監理と管理の違い

監理(工事監理)と管理の違いを下記に整理しました。


監理は建築士(設計者側)の独占業務です。一方、管理は「施工管理」といい、施工者側の行う業務です。


ところで、私は学生の頃、施工管理のインターンシップへ行きました。ゼネコンの所長と副所長などについてまわり、職人さんが安全に働けるようゴミや危ない物をどかしました。現場には、危険がつきものです。安全な現場をつくることも施工管理の仕事です。


また、所長から「管理の仕事は、現場の社長みたいなものだ」とおっしゃっていました。施工管理は、工程、品質、安全、予算などをマネージメントする仕事です。確かに、社長業に通じるものがありますね。

工事監理に必要な資格

工事監理は、建築士の独占業務です。工事監理に必要な資格を下記に整理しました。


各建築士に応じて、工事監理できる建築物の規模などが変わります。

まとめ

今回は建築の監理について説明しました。意味が理解頂けたと思います。工事監理の定義を理解してください。一級建築士の試験でも頻出するポイントです。また、実務では当たり前のことなので、管理と工事監理の違いは覚えたいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築の監理とは?1分でわかる意味、管理との違い、仕事内容、資格