1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築基準法施行令81条とは?1分でわかる意味、解説、ルート1とルート3

建築基準法施行令81条とは?1分でわかる意味、解説、ルート1とルート3

建築基準法施行令81条では、法20条の区分に対応した構造計算の方法が示されています。※法20条は下記の記事が参考になります。

建築基準法第20条とは?1分でわかる意味、構造耐力、計算ルート、各号の解説


また、法20条と令81条は一般的に「構造計算ルート」で表します。計算ルートは、ルート1、ルート2、ルート3があります。計算ルートは、下記の記事が参考になります。

構造計算ルートとは何か?

建築基準法施行令81条とは?

令81条は、法20条の建築物の区分に対応した、構造計算の方法が示されています(令81条1項、2項各号)。下記に、令81条の各号を整理しました(法文の原文は書いていません)。


■法20条1項一号の建築物は下記の計算とする。

・時刻歴応答解析


■法20条1項二号イの建築物で、高さが31mを超えるものは下記の計算とする。

・保有水平耐力計算又はこれと同等以上のもの(ルート3)

・限界耐力計算又はこれと同等以上のもの


■法20条1項二号イの建築物で、高さが31m以下のものは下記の計算とする。

・許容応力度計算又はこれと同等以上のもの(ルート2)

・保有水平耐力計算、限界耐力計算又はこれと同等以上のもの(ルート3)


■法20条1項三号イの建築物は下記の計算とする。

・許容応力度計算(ルート1)

建築基準法施行令81条の解説

令81条の1項は、超高層建築物の構造計算の方法を規定しています。超高層建築物は、時刻歴応答解析を行います。※超高層建築物については下記の記事が参考になります。

超高層建築物とは?1分でわかる定義、構造、大臣認定、建築基準法


令81条2項は、ルート2、ルート3の方法を示しています。法20条で建築物の規模を区分しますが、令81条でも建物の高さを区分している点に注意してくださいね(高さ31m超え又は31m以下か)。


令81条3項は、ルート1の方法を示しています。計算ルートは下記の記事が参考になります。

構造計算ルートとは何か?

建築基準法施行令81条と計算ルート

令81条の各項と計算ルートの対応を整理しました。


・法20条1項一号  ⇒計算ルートに対応しない

・法20条1項二号イ ⇒計算ルート2、計算ルート3

・法20条1項三号イ ⇒計算ルート1


下記の記事も併せて参考にしてください。

構造計算ルートとは何か?

まとめ

今回は建築基準法施行令81条について説明しました。意味が理解頂けたと思います。令81条は計算ルートと関係します。法20条との関連もあるので、複雑ですよね。建築物の構造関係技術基準解説書(通称黄色本)では、令81条、法20条の関係が図でわかりやすく示されています(計算ルート表)。是非、こちらを参考にしてくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築基準法施行令81条とは?1分でわかる意味、解説、ルート1とルート3