1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造計算の記号とは?1分でわかる記号の種類、一覧、読み方、応力の記号

構造計算の記号とは?1分でわかる記号の種類、一覧、読み方、応力の記号

構造計算には色々な記号があります。構造設計者の間では、σ、P、δなど、特に断りなく記号で話すこともあります。記号が共通言語になっています。今回は、構造計算で使う記号の種類と一覧、読み方、応力の記号について説明します。※今回の記事は、下記の記事を理解するとスムーズに読めます。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係

構造計算の記号とは?

構造計算書には、色々な記号が書いてあります。構造計算書の記号は、計算式を組み立てるとき便利ですし、書く労力を減らすことができます。


一方、丁寧な計算書は、記号の意味が書いてありますが、記号の意味が分からない場合も多いです(手書き計算書等)。

構造計算の記号一覧、種類、読み方

下記に構造計算書の記号、種類、読み方を整理しました。

荷重

集中荷重 P ぴー

分布荷重 w すもーるだぶりゅー(だぶりゅー)


荷重の意味は下記の記事が参考になります。

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係

反力

鉛直反力 R(V) あーる、ぶい

水平反力 H えいち

曲げ反力 M えむ


反力の意味は、下記の記事が参考になります。

反力ってなに?反力の求め方と支点反力

応力

曲げモーメント M えむ

せん断力 Q きゅー

軸力 N えぬ

両端ピンの中央曲げモーメント Mo えむぜろ

両端固定の固定端モーメント C しー


応力の意味は、下記の記事が参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

応力度

軸応力度、曲げ応力度 σ しぐま

せん断応力度 τ たう


応力度の意味は、下記の記事が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

変形

たわみ δ でるたー

ひずみ ε いぷしろん


たわみ、ひずみの意味は下記が参考になります。

たわみとは?1分でわかる意味、求め方、公式、単位、記号、計算法

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

部材関係

梁せい、柱せい D でー

有効梁せい d すもーるでー

厚み t てぃー

幅 B びー


「D」は「でー」と読みます。ディーが正しい読み方ですが、「ティー」と間違えるからです。例えば、SD295は「えすでーにーきゅーご」、D10は「でーじゅう」です。なお、「10mm」は「とおみり」と読みます。

地震力関係

地域係数 Z ぜっと

用途係数 I あい

固有周期 T てぃー

振動特性係数 Rt あーるてぃー

標準せん断力係数 Co しーぜろ

層せん断力係数 Ci しーあい

Ai分布 Ai えーあい(えーあいぶんぷ)

震度 k すもーるけー


地震力の意味は下記が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

その他

全体重量 W だぶりゅー

単位体積重量 γ がんま

密度 ρ ろー

スパン L える


単位体積重量は下記が参考になります。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

まとめ

今回は、構造計算で使う記号の種類と、記号の読み方について説明しました。意味が理解頂けたと思います。構造計算では、色々な記号を使います。今回紹介した記号の意味と読み方は覚えてくださいね。記号を覚えた後は、下記の記事も参考にしてくださいね。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 構造計算の記号とは?1分でわかる記号の種類、一覧、読み方、応力の記号