建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 盤ぶくれとは?1分でわかる意味、計算と安全率、対策、ボイリングとの違い

盤ぶくれとは?1分でわかる意味、計算と安全率、対策、ボイリングとの違い

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


盤ぶくれ(ばんぶくれ)とは、難透水層の根切り底面が被圧帯水層(簡単にいうと水圧の高い層)に押し上げられる現象です。用語名の通り、地盤がふくれるような現象です。原因など異なりますが、ボイリングのように上向きの水圧が原因で発生します。今回は盤ぶくれの意味、計算と安全率、対策、ボイリングとの違いについて説明します。ボイリング、ヒービングの意味は下記が参考になります。

ボイリングとは?【近日公開予定】

ヒービングとは?3分でわかるヒービングの意味と対策

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

盤ぶくれとは?

盤ぶくれとは、難透水層の根切り底面が被圧帯水層(ひあつたいすいそう)に押し上げられる現象です。地盤が破壊され山留の方向に繋がります。下図をみてください。盤ぶくれを示しました。


図 盤ぶくれ


難透水層とは水を通しにくい土層です。被圧帯水層とは不透水層に挟まれており、水圧の高い層のことです。「水圧が高い」がポイントです。


被圧帯水層による上向きの水圧が難透水層の土重量(下向きの力)より大きい場合、難透水層は押し上げられますね。


原因や地盤は違いますが、ボイリングと考え方は似ています。下向きの土重量、上向きの水圧の力関係が崩れる時(水圧が大きくなる時)に生じる現象です。ボイリングの詳細は下記が参考になります。

ボイリングとは?【近日公開予定】

盤ぶくれの計算と安全率

F=(γ_t d)/(γ_w h)、F≧1.0


Fは盤ぶくれに対する安全率、γtが土の湿潤単位体積重量、dは根切り面から難透水層下端までの距離、γwは水の単位体積重量、hは被圧帯水層の水頭です。


計算の考え方はシンプルです。下図をみてください。被圧帯水層による水圧は上向きの力、これに抵抗する難透水層の重量は下向きの力です。水圧より土の重量が大きくなることを確認すれば盤ぶくれは生じません。


図 盤ぶくれの計算と安全率

盤ぶくれの対策

盤ぶくれの対策の1つとして、ディープウェル工法で地下水位を低下させることを行います。対策の詳細は下記の書籍が参考になります。


盤ぶくれとボイリングの違い

盤ぶくれとボイリングの違いを下記に示します。


盤ぶくれ ⇒ 難透水層の根切り底面が被圧帯水層の上向きの水圧により押し上げられる現象。

ボイリング ⇒ 根切り底面と周囲地盤の水位差による水圧の影響で、根切り底面が沸騰した状態(上向きの水圧で土が吹き上がる状態)になること。砂地盤で生じる。


ボイリングの詳細は下記をご覧ください。

ボイリングとは?【近日公開予定】

まとめ

今回は盤ぶくれについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。盤ぶくれとは、難透水層が被圧帯水層の水圧で押し上げられる現象です。盤ぶくれは山留が崩壊する恐れもあります。よって被圧帯水層がある場合、盤ぶくれの検討が必要です。似た用語にボイリング、ヒービングがあります。下記も勉強しましょう。

ヒービングとは?3分でわかるヒービングの意味と対策

ボイリングとは?【近日公開予定】

【3割引!】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】構造が苦手な方へ!大好評のお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 盤ぶくれとは?1分でわかる意味、計算と安全率、対策、ボイリングとの違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事