1. HOME > 基礎構造を学ぶ > h形鋼杭とは?1分でわかる意味、規格、shk400とss400との違い、用途

h形鋼杭とは?1分でわかる意味、規格、shk400とss400との違い、用途

h形鋼杭とは、h形鋼の杭です。ただし、梁や柱に使うh形鋼とは別の鋼材です。材質も、h形鋼杭専用のものです(shk400という)。h形鋼杭は、山留部材の親杭に使います。今回はh形鋼杭の意味、規格、shk400とss400との違い、h形鋼杭の用途について説明します。山留、親杭の意味は下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

h形鋼杭とは?

h形鋼杭とは、h形鋼の杭です。ただ、梁や柱として使うh形鋼は使いません。h形鋼杭専用の部材があります。また、材質もshk400を使います。h形鋼杭とh形鋼は、全く別ものと考えてください。※一般のh形鋼の意味、規格は下記の記事が参考になります。

h形鋼の広幅、中幅、細幅とは?1分でわかる違い、特徴、使い方

h形鋼杭の規格

h形鋼杭の規格を下図に示します。

h形鋼杭の規格

上図のように、h形鋼杭の規格は、h形鋼の広幅と似た形状ですね。ただ、広幅部材とは断面形状、性能が違います。全く別の鋼材と考えた方が良いです。

h形鋼杭の材質とshk400

h形鋼杭の材質は、shk400を使います。h形鋼杭専用の材質です。Shk400の規格を整理しました。

降伏点、引張強さ

降伏点、引張強さは、ss400と同程度です。

shk400の降伏強度

化学成分

化学成分は、ss400と比べて僅かに違います。

shk400の化学成分

h形鋼杭の用途

h形鋼杭は、山留の親杭などに使います。親杭とは、土圧を支える部材の1つです。山留、親杭については下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

shk400とss400の違い

shk400とss400の違いを下記に整理しました。


shk400 ⇒ h形鋼杭用の鋼材の材質。Ss400に比べて「炭素(c)」の規定があります。降伏点、引張強さは同程度です

ss400 ⇒ shk400に比べて、化学成分のcの規定が無い、P、Sの規定が変わります。強度は同程度です。


shk400は、h形鋼杭専用の材質です。一般の鋼材は、ss400やsn400の材質を使います。同じh形鋼でも、ss400とshk400は全く違う材質と考えてくださいね。

h形鋼杭の施工方法

h形鋼杭の施工法は下記です。


・プレーリング工法

・振動工法


プレボーリング工法は、h形鋼杭を埋め込む地盤を、あらかじめ掘削します。掘削した孔に、h形鋼杭を埋め込みます。


振動工法は、h形鋼杭を重機でつかんで、振動させながら地盤に打ち込む工法です。

まとめ

今回はh形鋼杭について説明しました。意味が理解頂けたと思います。h形鋼杭は、h形鋼の杭です。山留の親杭などに使います。h形鋼杭とh形鋼は、似た断面形状ですが、別の鋼材と考えてください。h形鋼杭の材質は、shk400です。Ss400と同程度の強度です。下記の記事が参考になります。

H鋼とは何か?

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > h形鋼杭とは?1分でわかる意味、規格、shk400とss400との違い、用途