1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 試験杭の基礎知識と、役割とは?

試験杭の基礎知識と、役割とは?

地盤が弱いとき、強固な地盤まで杭を打設して建物を支えます。実際に工事を行うとき、試験杭を打ちます。試験杭は支持層の確認のため行います。今回は、そんな試験杭の役割や、本杭との違い、試験掘りとの違いも説明します。

試験杭とは?

試験杭は、支持層を確認するための杭です。「試験」とは、「支持層を確認するための」という意味があります。


また試験杭以外の杭は、本杭といいます。下図をみてください。杭は、建物を支えるためにの円形の柱です。地盤が弱いとき、杭を強固な地盤まで到達させ建物を支えます。

杭とは?

※杭については下記の記事が参考になります。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法


強固な地盤の深さは、あらかじめ行ったボーリング調査によって分かっていますが、実際に杭を打つとき支持層が予定より深い(浅い)ことがあります。


理由の1つは、ボーリング調査の位置と建物位置が離れている、支持層が傾斜していることが挙げられます。


そのため、杭を試験的に打設して、支持層がボーリング調査での深さと一致しているか確認が必要です。あまりにも深さが違うと、杭長さが変更になることも考えられ、工期や費用に大幅な遅れが生じます。


注意したいのは、試験杭は本杭と兼ねています。つまり、「試験杭」は何も建物のを支える杭と別に打設する杭ではありません。本杭の中から1本を試験杭に割り当てるだけです。誤解のないよう覚えておきましょう。

試験杭と本杭の違い

試験杭は、前述した目的があるため、本杭に比べて1〜2m程度、杭長を長くします。例えば本杭が20mなら、試験杭は21mです。


実は試験杭と本杭の違いは、それだけです。特に杭の仕様が変わるわけではありません。また試験杭の箇所は、普通1カ所ですが建物の規模が大きくなると2カ所や複数箇所試験杭を行います。

試験杭と試験掘りの違い

試験杭と似た用語に、試験掘りがあります。試験杭が、実際に杭を打設して支持層を確認するのに対して、試験掘りはボーリング調査と同じように、地盤を掘削して支持層を確認します。


略して「試掘(しくつ)」といいます。試験掘りのメリットは、支持層の地盤を採取できることです。試験杭は一般的に本杭と兼ねるため、杭を打設すれば支持層は分かりますが、実際の土質は判断できません。


その点、試験掘りなら支持層の土質を採取可能なので、本当に支持層に到達したのかより正確な判断が下せます。例えば、杭の下に偶々、礫(岩と考えてください)があって、その礫に当たることで、支持層を誤って判断される場合もあります(礫は固いが、礫の直下は軟弱層であるなど)。


状況に応じて、試験杭と試験掘りを使い分けましょう。そのような問題が無ければ、一般的に試験杭を用います。

まとめ

今回は、試験杭について説明しました。試験杭とは、支持層を確認するための杭です。だからと言って、本杭と別に杭を打つわけはありません。本杭と試験杭は兼ねるのが基本です。試験杭の意味や、試験杭の杭長は重要なので覚えておきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 試験杭の基礎知識と、役割とは?