1. HOME > 鋼構造の基礎 > チャンネルの重量は?1分でわかる計算、規格、c型チャンネルの重量

チャンネルの重量は?1分でわかる計算、規格、c型チャンネルの重量

チャンネルの重量は、各鋼材メーカーにより規格化されています。また、「c型チャンネル(cチャン)」は、一般的なチャンネルと比べて重量が小さいです。今回はチャンネルの重量、規格、重量の計算、c型チャンネルの重量について説明します。


なお、チャンネル材は溝形鋼ともいいます。溝形鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

溝形鋼のサイズと断面性能

チャンネルの重量は?

チャンネルの重量を下表に示します。

チャンネルの重量

一般的にチャンネル材は、「重量溝形鋼」のことです。上表は、c型チャンネル(リップ溝形鋼又は軽量溝形鋼)の重量とは違うので注意しましょう。重量溝形鋼とc型チャンネル(リップ溝形鋼)の違い、意味は下記の記事が参考になります。

溝形鋼の特徴と重量溝形鋼と軽量溝形鋼について

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

チャンネルの重量の計算方法

チャンネルの重量は、計算で求めることが可能です。例えば、下図に示すチャンネルの重量を計算します。チャンネルは、2枚のフランジと1枚のウェブで構成される鋼材です。

チャンネルの重量と計算方法

よって、フランジとウェブの板厚と長さがわかれば面積が計算できます。それらを合計し、鋼の単位体積重量を掛ければ、チャンネルの重量が計算できます。フランジ、ウェブの意味は下記が参考になります。

ウェブとフランジとは?1分でわかる役割、違い、覚え方


なお、計算で求めた重量は、規格化された重量の値と異なります。これは、フィレット部分が考慮されていないからです。フィレットの意味は、下記が参考になります。

建築のフィレットとは?1分でわかる意味、鉄骨、フィレット部、ウェブフィレット


実際に、下図に示すチャンネルの重量を計算しましょう。

チャンネルの重量と計算方法

チャンネルの重量を下記の流れで計算します。


フランジの断面積=50*7.5*2=750mm2

ウェブの断面積=(100-7.5*2)*5=425

チャンネル材の断面積=750+425=1175

チャンネルの重量=1175/10^6×7.85*10^3=9.22kg/m


です。

チャンネル材の規格

チャンネルの材質は、SS400です。下図に規格を整理しました。

チャンネルの規格の詳細は、下記の記事も参考になります。

溝形鋼のサイズと断面性能

c型チャンネルの重量

c型チャンネルの重量を下図に示します。

リップ溝形鋼の規格と寸法

なお、c型チャンネルは「cチャン」や「リップ溝形鋼」ともいいます。リップ溝形鋼は、下記の記事が参考になります。

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

まとめ

今回はチャンネルの重量について説明しました。規格や計算方法など理解頂けたと思います。チャンネルは、建築物の部材として一般的に使います。重量だけでなく、規格や意味も併せて勉強しましょう。チャンネル材とc型チャンネルの違いも理解しましょう。下記の記事が参考になります。

溝形鋼のサイズと断面性能

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > チャンネルの重量は?1分でわかる計算、規格、c型チャンネルの重量