1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築のフィレットとは?1分でわかる意味、鉄骨、フィレット部、ウェブフィレット

建築のフィレットとは?1分でわかる意味、鉄骨、フィレット部、ウェブフィレット

建築のフィレットとは、鉄骨の角(隅)で、曲面になる部分をいいます。例えば、H形鋼のウェブとフランジの接合部分です。これをウェブフィレットといいます。今回は、フィレットの意味、鉄骨との関係、形鋼のフィレット部について説明します。


※鉄骨のウェブとフランジについては、下記の記事が参考になります。

ウェブとフランジとは?1分でわかる役割、違い、覚え方

建築のフィレットとは?

建築のフィレットとは、鉄骨の角で曲面になる部分をいいます。下図を見てください。例えば、ロールH形鋼はウェブとフランジによってできる角が曲面です。この部分をフィレットといいます。

建築のフィレット

※ロールH形鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

圧延とは?1分でわかる意味、ロールとの関係、読み方、圧延工程との関係


フィレットは曲面なので、大きさは半径で表します。形鋼のフィレット半径は、各メーカーの鋼材表に明記があります。


なお、ビルドH形鋼(BH材)はウェブとフランジを溶接で一体化します(ウェブに開先をとる)。よって、ビルドH形鋼にフィレットは無いです。※ビルドH形鋼とは、ロール材ではなく、各ウェブとフランジを組み合わせてつくる鋼材です。よって、ウェブとフランジ厚を自由に組み合わせることが可能です。


なお、フィレットは鋼材の耐力に影響します。同じフランジ、ウェブ厚のロールH形鋼とビルドH形鋼がある場合、ロールH形鋼の方が、耐力が大きいです。これはフィレット部の影響です。

建築のフィレットと鉄骨の関係

前述したように、ロールH形鋼はウェブとフランジの接合部分にフィレットがあります。フィレット部分は曲面です。よって、フィレット部にプレートを当てることはできません。鉄骨部材をピン接合とするとき、ウェブにプレートをあて、高力ボルト接合を行います。


※ピン接合、高力ボルトの意味は、下記の記事が参考になります。

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴


フィレット部に当たらないように、ボルトピッチ、本数を決めましょう。

まとめ

今回はフィレットについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。フィレットは、鉄骨の角(隅)の曲面となる部分です。ロールH形鋼とビルドH形鋼では、フィレットの有無で違いがあります。フィレットがあると、プレートが留められないことも覚えてくださいね。下記の記事も併せて参考にしてください。

ロール発注とは?1分でわかる意味、納期、鉄骨、鉄筋との関係

ウェブとフランジとは?1分でわかる役割、違い、覚え方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築のフィレットとは?1分でわかる意味、鉄骨、フィレット部、ウェブフィレット