1. HOME > 鋼構造の基礎 > 溝形断面とは?1分でわかる意味、特徴、規格、材質、強度
スポンサーリンク

溝形断面とは?1分でわかる意味、特徴、規格、材質、強度

溝形断面とは、カタカナの「コ」に似た形状です。チャンネル材ともいいます。溝形断面と似たものに、リップ溝形断面があります。今回は溝形断面の意味、特徴、規格、材質、強度について説明します。溝形断面の鋼材を、溝形鋼といいます。溝形鋼の規格は下記が参考になります。

溝形鋼のサイズと断面性能

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

溝形断面とは?

溝形断面とは、カタカナの「コ」に似た形状です。下図をみてください。これが溝形断面です。

溝形断面

2枚のフランジと1枚のウェブで構成される断面です。H形断面を半分に切った形にみえますね。フランジ、ウェブ、H形断面の意味は、下記が参考になります。

ウェブとフランジとは?1分でわかる役割、違い、覚え方

H形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、重量、断面係数、材質、用途


溝形断面の鋼材に、溝形鋼があります。溝形鋼は、主に二次部材として使います。溝形鋼、二次部材の意味は、下記が参考になります。

溝形鋼のサイズと断面性能

二次部材とは?1分でわかる意味、小梁の設計例、構造計算との関係

溝形断面の特徴

溝形断面は、強軸と弱軸があります。小梁などの二次部材に使う場合、「座屈」に注意します。弱軸方向の断面二次半径が、強軸に比べて極端に小さいです。弱軸、座屈の意味は、下記が参考になります。

1分でわかる強軸と弱軸の違い

座屈とは?座屈荷重の基礎知識と、座屈の種類


また、弱軸方向の断面係数、断面二次モーメントが小さいので、弱軸方向に曲げモーメントが生じる場合、注意が必要です。


他の形鋼に比べてシンプルな形状なので、接合部を造りやすいメリットがあります。形鋼の意味は、下記が参考になります。

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途

溝形断面の規格と材質

溝形断面の材質は、SS400が一般的です。SS400の意味、規格は下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー


溝形鋼、リップ溝形鋼などの規格は、下記が参考になります。

溝形鋼のサイズと断面性能

溝形断面の強度

溝形断面を用いた鋼材(溝形鋼)の強度は、引張強度で400N/mu、降伏強度で235N/muが一般的です。主に二次部材に用いるため、そこまで大きな力は作用しません。よって、高強度の鋼材を使いません。

まとめ

今回は溝形断面について説明しました。意味が理解頂けたと思います。溝形断面は、カタカナの「コ」に似た形状です。強軸と弱軸があります。弱軸方向の断面性能が極端に低いので、座屈に注意しましょう。下記の記事も勉強しましょうね。

溝形鋼のサイズと断面性能

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 溝形断面とは?1分でわかる意味、特徴、規格、材質、強度