1. HOME > 鋼構造の基礎 > bcp325とは?1分でわかる規格、重量、溶接性、許容応力度、角部の半径r

bcp325とは?1分でわかる規格、重量、溶接性、許容応力度、角部の半径r

bcp325とは、冷間プレス成形角形鋼管といいます。厚板をプレスした角形に成形します。似た用語に、bcr295があります。Bcrは、冷間ロール成形角形鋼管のことです。Bcpは「プレス」、bcrは「ロール」と覚えて下さいね。今回はbcp325の規格、重量、溶接性、許容応力度、角部の半径rについて説明します。冷間成形角型鋼管については下記の記事が参考になります。

コラム(冷間成形角型鋼管)とは何か?

bcp325とは?

bcp325は冷間プレス成形角形鋼管のことです。bcp材は、厚板をプレスして角形に成形し、継ぎ目を溶接した鋼管です。bcp325の325とは基準強度が「325N/mu」と言う意味です。


似た用語で、bcrがあります。これは冷間ロール成形角形鋼管のことです。詳細は下記の記事が参考になります。

BCR295の規格が丸わかり!BCR材のサイズと断面性能、重量、STKR

bcp325の規格

bcp325の規格(化学成分、許容応力度、断面性能と重量)を整理しました。

許容応力度

許容応力度の規格を下記に示します。bcp325の許容応力度は、下限値が325です。引張強さは490です。降伏比は80%が上限です。降伏比については下記の記事が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

許容応力度

化学成分

化学成分の規格を下記に示します。

化学成分

断面性能および重量

bcp325の断面性能および重量の規格を下記に示します。

断面性能および重量

断面性能および重量2

bcp325の角部の曲率半径r

bcp325の角部の曲率半径rは、

です。tとは、鋼管の厚みを意味します。※厚みtは、下記の記事が参考になります。

厚みのtとは?1分でわかる意味、表記法、読み方、寸法と単位の関係


よって厚みが12mmのとき、角部の曲率半径は、3.5*12=42mmです。

まとめ

今回はbcp325について説明しました。意味が理解頂けたと思います。bcp325は厚板をプレスして、角形に成形し、継ぎ目を溶接した鋼材です。実務では、bcrを使うことが多いです。Bcr295とbcp325を混同しないよう注意してくださいね。Bcr295は下記の記事が参考になります。

BCR295の規格が丸わかり!BCR材のサイズと断面性能、重量、STKR

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > bcp325とは?1分でわかる規格、重量、溶接性、許容応力度、角部の半径r