1. HOME > 鋼構造の基礎 > STKR材の規格が丸わかり!一般構造用角形鋼管のサイズと断面性能

STKR材の規格が丸わかり!一般構造用角形鋼管のサイズと断面性能

STKR材は一般に、「角型鋼管」に用いられる材質です。JISG3466に規定されており、一般構造用角形鋼管といいます。今回は、そんなSTKR材の規格やサイズ、断面性能等について説明します。


STKR材(一般構造用角形鋼管)のサイズと規格、断面性能一覧

STKR材のサイズと断面性能は下図表の通りです。


機械的性質

STKR材の機械的性質は下図表の通りです。


化学成分

STKR材の化学成分は下図表の通りです。

寸法許容差

スポンサーリンク

STKR材(一般構造用角形鋼管)ってなに?

STKR材は一般構造用角形鋼管といいます。名前の通り、角形の鋼管です。但し、角部分はフィレットが付いています。BCR材が製造される前は、鉄骨造の柱として一般的に使用されていました。BCR材に関しては、下記の記事が参考になります。

STKR材は、板をロール成形することで四角形にします。現在、STKR材は二次部材である間柱として使うことが多い材料です。間柱に関しては下記の記事が参考になります。

また、似た材料に「STK材」があります。これは、一般構造用炭素鋼鋼管という材料で、一般的に丸パイプといいます。見た目が円形の鋼管だからです。STK材に関しては下記の記事が参考になります。

STKR材の種類

STKR材は、強度で分類すると下記の2種類あります。

一般的に使われる材料は、STKR400です。後述するように、近年はBCR材の台頭で大きな力が作用する主柱(地震力を負担する柱)にSTKR材は使われなくなりました。間柱等、耐風梁などの二次部材へ使われる材料のため、高い強度を必要としないのです。

 

STKR材とBCR材の違い

STKR材とBCR材の大きな違いは構造性能です。まず、降伏強度が異なります。下記を見てください。

このように、BCR材は高い降伏強度を有した材料です。また、BCR材は建物のエネルギー吸収の観点から、降伏比などの規定を設けています。降伏比に関しては下記の記事が参考になります。

また、BCR材はシャルピー吸収エネルギー、溶接性の規定が組み込まれ、STKR材より優位な規格です。さらに、STKR材が平板をロール成形により塑性加工していますが、BCR材は角部のみ塑性加工している点も、BCR材が優れています。


塑性加工する、ということは元々の板に無理な応力が作用していることは、容易に想像できるでしょう。


以上のように、STKR材はBCR材に比べて劣る面が多い分、建築物への使用は減っています。


まとめ

今回は、STKR材について説明しました。使用頻度が益々減っている材料ですが、小規模な建物の場合は、使うこともあります。参考に成れば幸いです。また、文中にて紹介しましたが、併せて参考にしたい記事は下記となります。

ぜひ、勉強に役立てて頂ければと思います。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > STKR材の規格が丸わかり!一般構造用角形鋼管のサイズと断面性能