1. HOME > 鋼構造の基礎 > 棒鋼とは?1分でわかる意味、読み方、サイズ、重量、用途

棒鋼とは?1分でわかる意味、読み方、サイズ、重量、用途

棒鋼(ぼうこう)とは、棒状の鋼材です。鉄筋コンクリートの「鉄筋」は、異形棒鋼が用いられます。今回は棒鋼の意味、読み方、サイズ、重量、用途について説明します。建築構造用圧延棒鋼、異形鉄筋(異形棒鋼)の意味は、下記が参考になります。

建築構造用圧延棒鋼とは?1分でわかる意味、snr鋼材、規格、ブレース

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格、それぞれ

棒鋼とは?

棒鋼は、棒状の鋼材です。下図をみてください。これが棒鋼です。

棒鋼

棒鋼の種類に、丸鋼や異形鉄筋(異形棒鋼)があります。丸鋼は表面に凹凸が無く、断面は円形で棒状の鋼材です。丸鋼の規格、詳細は下記が参考になります。

丸鋼とは?1分でわかる意味、規格、サイズ、読み方、重量、材質


異形棒鋼は、表面に突起がある棒状の鋼材です。鉄筋コンクリートに使う「鉄筋」は、異形棒鋼を意味します。詳細は、下記が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格、それぞれ


棒鋼は、棒状の鋼材です。圧縮力に弱く、引張力が強い性質があります。圧縮力が作用する箇所に用いると座屈の恐れがあり、注意が必要です。この特徴から、後述する「ブレース材」や「アンカーボルト」「鉄筋」などに用います。

棒鋼の読み方

棒鋼は「ぼうこう」と読みます。棒鋼に関係する用語の読み方は下記です。


異形棒鋼 ⇒ いけいぼうこう

建築構造用圧延棒鋼 ⇒ けんちくこうぞうようあつえんぼうこう

棒鋼のサイズ

例として、異形棒鋼のサイズを下記に示します。

異形棒鋼のサイズ

丸鋼のサイズは下記があります。

丸鋼のサイズ

棒鋼の重量

棒鋼の重量は下表の「単位重量」をご確認ください。

異形棒鋼のサイズ

丸鋼のサイズ

例えば、丸鋼の径が9mmのとき、単位重量は0.499kg/mです。長さが1mの棒鋼であれば、


0.499kg/m×1.0m=0.499kg


が重量です。

棒鋼の用途

棒鋼の用途には下記があります。


鉄筋コンクリートに用いる「鉄筋」

ブレース

アンカーボルト


異形棒鋼は、鉄筋コンクリート造の鉄筋として使います。建築構造用圧延棒鋼は、ブレースやアンカーボルトに活用されます。ブレースやアンカーボルトに用いられるSnr400は、塑性変形能力に優れた棒鋼です。


建築構造用圧延棒鋼(snr400)の規格、特徴は下記が参考になります。

建築構造用圧延棒鋼とは?1分でわかる意味、snr鋼材、規格、ブレース


ブレース、アンカーボルトの意味は下記が参考になります。

ブレース構造とは何か?

アンカーボルトは何のためにある?効果と役割について

まとめ

今回は棒鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。棒鋼は、棒状の鋼材です。棒鋼の種類を覚えましょう。特に、異形鉄筋や丸鋼の特徴は理解してください。下記の記事も勉強すると、なお良いですね

建築構造用圧延棒鋼とは?1分でわかる意味、snr鋼材、規格、ブレース

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格、それぞれ


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 棒鋼とは?1分でわかる意味、読み方、サイズ、重量、用途