1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築構造用圧延棒鋼とは?1分でわかる意味、snr鋼材、規格、ブレース、abr400との違い

建築構造用圧延棒鋼とは?1分でわかる意味、snr鋼材、規格、ブレース、abr400との違い

建築構造用圧延棒鋼とは、鋼材の種類の1つです。記号で「snr鋼材」といいます。※SNがつく鋼材は「建築用」という意味です。下記が参考になります。

SS,SN,SM材


つまり、snr材は、建築構造用の「棒鋼(棒状の鋼材)」のことです。今回は、建築構造用圧延棒鋼の意味、規格とf値、ブレースとの関係、abr400との違いについて説明します。※abr400については下記が参考になります。

abr400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、定着版との関係

建築構造用圧延棒鋼の規格とf値

snr鋼材の規格とf値を下記に示します。※snr鋼材のf値は降伏点の項目をご覧ください。f値については下記の記事が参考になります。

材料強度がわかるたった2つのポイントと、許容応力度の関係

降伏耐力、引張強度(f値)、降伏比

種類 降伏点、耐力(N/mu) 引張強度(N/mu) 降伏比(%)
径 mm
6以上 12以上 40超え 6以上 12以上
12未満 40以下 100以下 12未満 100以下
SNR400A 235以上 235以上 215以上 400以上 - -
SNR400B 235以上 235以上 215以上 510以下 80以下
325以上 355以下 335以下
SNR490B 325以上 325以上 295以上 490以上 80以下
445以下 415以下 610以下

snr鋼材は建築構造用の棒鋼なので、「伸び能力のある」材料です。よって、降伏比が規定されています(snr400a材は降伏比の規定が無いです)。※降伏比については下記が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

スポンサーリンク

化学成分

前述した降伏比を規定するため、化学成分も細かく規定されます。

種類 Si Mn P S
SNR400A 6mm以上 0.24以下 - - 0.050以下 0.050以下
100mm以下
SNR400B 6mm以上 0.20以下 0.35以下 0.60〜1.40 0.030以下 0.030以下
50mm以下
50mm超え 0.22以下
100mm以下
SNR490B 6mm以上 0.18以下 0.55以下 1.60以下 0.030以下 0.030以下
50mm以下
50mm超え 0.20以下
100mm以下

建築構造用圧延棒鋼とは?

建築構造用圧延棒鋼は、建築構造用の棒鋼(棒状の鋼材)です。snr鋼材ともいいます。JIS G 3138に規定されます。建築構造用圧延棒鋼は、主にブレースやアンカーボルトとして使います(後述しました)。

建築構造用圧延棒鋼の種類

建築構造用圧延棒鋼の種類は下記があります。


前述した規格を読むと、snr400Aは降伏比の規定が無いです。一方、snr400Bとsnr490Bには降伏比が規定されます。この違いを忘れないようにしてくださいね。※降伏比は下記の記事が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?


よって、効果的なエネルギー吸収を考えるなら、snr400Bを使うべきですね。

建築構造用圧延棒鋼とブレースの関係

建築構造用圧延棒鋼はブレースとして使います。水平ブレースや鉛直ブレースに、「ターンバックルブレース」を利用することがあります。ターンバックルブレースはJISに規定されます。材質をみると「snr400B」と明記されています。


図面に表記するときは、「JISターンバックルブレース(SNR400)」と明記すれば良いでしょう。

建築構造用圧延棒鋼とabr400の違い

建築構造用圧延棒鋼(snr鋼材)とabr400の違いを下記に整理しました。

・snr400は建築構造用の棒鋼

・abr400は、snr400の両端をネジ加工したもの(アンカーボルト)と、ナット、座金などのセットのこと


snr400は、建築構造用の棒鋼です。一方、abr400はsnr400を「ねじ加工」したもの、ナット、座金のセットをいいます。よって、abr400はアンカーボルトセットのことですね。※abr400は下記が参考になります。

abr400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、定着版との関係


また、ねじを切削加工したアンカーボルトをabm400といいます。

abm400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、abr400との違い

まとめ

今回は建築構造用圧延棒鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築構造用圧延棒鋼は建築構造用の棒鋼です。snr400B材には降伏比が規定されています。ブレースやアンカーボルトなど、伸び能力が必要とされる材料には必須ですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築構造用圧延棒鋼とは?1分でわかる意味、snr鋼材、規格、ブレース、abr400との違い