1. HOME > 鋼構造の基礎 > 角鋼の規格が丸わかり!角鋼の種類、サイズ、断面性能、用途

角鋼の規格が丸わかり!角鋼の種類、サイズ、断面性能、用途

角鋼という言葉は、案外建築の専門家でも聞いたことが少ないと思います。角鋼は使用頻度が低い材料だからです。一方で、特殊な建物の柱や化粧材として使われるなど、知っておくと鋼材の選択肢が広がるでしょう。今回は、角鋼の規格や種類、サイズなどについて説明します。


角鋼のサイズと規格、断面性能一覧

角鋼のサイズと断面性能は下図表の通りです。なお、今回は断面二次モーメントや断面係数を示していませんが、角鋼は正方形なので、下記の記事を参考に計算してみましょう。


機械的性質

角鋼は、「角鋼として」JISに規格されていません。角鋼は、一般構造用圧延鋼材と同じ材料です。一般構造用圧延鋼材は、JISG3101に規定されており、機械的性質は下記の通りです。


化学成分

角鋼の化学成分は下図表の通りです。

スポンサーリンク
 

角鋼ってなに?

角鋼とは、真四角の鋼材を意味します。似た用語で、「丸鋼」があります。丸鋼は、角鋼よりも使われることが多い鋼材です。丸鋼に似た鋼材で「鉄筋」もあります。鉄筋は、丸鋼と違い付着性を高めるために、リブが付いた細い円形の鋼材です。鉄筋に関しては下記の記事が参考になります。

さて、角鋼は前述した「丸鋼」や「鉄筋」のように、建築物の主部材として直接使用される鋼材ではありません。但し、鋼管と違い外形の割には断面性能が高いので、パビリオンなどの限定的な構造物の柱に用いられるケースはあります。


ただ、角鋼は四隅が角ばっていて、柱として露出すると角にぶつかって怪我をする可能性もあります。柱としての使用は注意したい鋼材の1つです。


角鋼の種類と用途

角鋼の種類や用途は下図表の通りです。

建築はもちろん、橋梁、船舶、車輛、産業機械など様々な用途に用いられます。標準的なサイズが65mmなので、建築物や橋梁では、構造部材として採用されるケースは少ないでしょう。一方、細かな部材が多い産業機械などは多用されるケースが多いです。


角鋼と角形鋼管の違い

角鋼と角形鋼管の違いは、「中身が詰まっているかどうか」です。そもそも「鋼管」は、俗称でパイプといいます。パイプのように中が空洞で、鋼材の厚み自体は数ミリ、十数ミリです。そのため、重量を軽くすることが可能で、経済的なメリットが大きいのです。例えば、角鋼と角形鋼管の重量を、同じ外形で比較します。

このように、同じ外形でも角鋼と角形鋼管では重量が7倍近く違います。一方、断面係数は下記のように、3.8倍程度しか違いません。

重量に対する断面性能は、明らかに角形鋼管の方が有利です。※角形鋼管に関しては、下記の記事が参考になります。

しかし、角鋼には角形鋼管に無いメリットがあります。それが「細さ」です。例えば柱に角鋼を使います。鋼材の重量は増えますが、高い断面性能を保持したまま、スレンダーな柱を魅せることができます。


商業建築物や、仮設のパビリオンなど、建築物を魅せることにこだわる場合、角鋼を使うこともあります。


まとめ

今回は、角鋼について説明しました。角鋼と角形鋼管の違いは、断面性能や重量の関係も含めて理解しておきましょう。また、下記に併せて参考になる記事を明記しました。

是非、勉強に役立ててください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 角鋼の規格が丸わかり!角鋼の種類、サイズ、断面性能、用途