1. HOME > 鋼構造の基礎 > まわし溶接とは?1分でわかる意味、有効長、強度、記号

まわし溶接とは?1分でわかる意味、有効長、強度、記号

まわし溶接とは、直交する面の端部を回して隅肉溶接することです。まわし溶接は、図でみるとよく理解できます。今回はまわし溶接の意味、有効長さ、強度、溶接の記号について説明します。※隅肉溶接については下記の記事が参考になります。


溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

まわし溶接とは?

まわし溶接とは直交する面の端部を回して溶接することです。下図をみてください。2枚の板を重ねた部分の、長さ方向に(水平に)隅肉溶接します。さらに、板と直交する方向へ溶接するとき、溶接棒を回して溶接した部分が「まわし溶接」です。

まわし溶接

隅肉溶接で、全周溶接する場合や、溶接線が水平と直交部分が交じり合う端部は、まわし溶接が必要です。


一般的に、まわし溶接は溶接部の強度に含めないか、まわし溶接部を含めて溶接サイズの2倍を減じた値を有効長さとします。※まわし溶接の有効長さについては後述しました。

まわし溶接と有効長

下図の隅肉溶接で、有効長さを計算してください。

まわし溶接の有効長さ

まわし溶接を含めた長さは300mmです。溶接部のサイズは10mmなので有効長さは、

です。


又は、まわし溶接を強度に見込まない設計法もあります。まわし溶接を含まない溶接長さは、明記ある通りなので、

です。これを有効長さとすることも可能です。


以上より算定した有効長さに対して、のど厚を乗じて求めた値が有効断面積です。さらに、有効断面積に隅肉溶接部の強度をかけて、溶接部のせん断耐力が算定できます。

まわし溶接の強度

まわし溶接部も、一般部と同様の強度が求められます。


ただ、実際にはまわし溶接を無視して有効長さを算定すれば、計算上はまわし溶接部に強度は必要ありません。


※溶接部の強度については下記の記事が参考になります。

溶接部の強度とは?溶接部の耐力の計算方法と許容応力度、材料強度

まわし溶接の記号

まわし溶接は、水平と垂直が交わる端部を回して溶接することです。特別、溶接記号はありませんが、回し溶接が必要な場合、文言で図面に特記しましょう。


※溶接部の記号については下記の記事が参考になります。

溶接記号の描き方と基礎知識について

まとめ

今回はまわし溶接について説明しました。まわし溶接の意味が理解頂けたと思います。ごく一般的にまわし溶接を行うので、有効長さの考え方、強度の計算法を覚えてください。隅肉溶接の考え方も理解してくださいね。※隅肉溶接は下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > まわし溶接とは?1分でわかる意味、有効長、強度、記号