1. HOME > 鋼構造の基礎 > ルート間隔とは?1分でわかる意味、必要性、突合せ溶接の値、溶接種類との関係

ルート間隔とは?1分でわかる意味、必要性、突合せ溶接の値、溶接種類との関係

ルート間隔とは、母材と溶接金属が一体化し易くするためもうけた、母材同士の間隔です。近年、裏当て金を用いた片面溶接がほとんどなので、必ずルート間隔が必要です。なお、「ルートギャップ」ともいいます。今回は、ルート間隔の意味、必要性、突合せ溶接の値、溶接種類との関係について説明します。※裏当て金の意味は、下記の記事が参考になります。

裏当て金とは?

ルート間隔とは?

ルート間隔とは、母材と溶着金属が一体化しやすくするため、母材同士に設けた間隔のことです。下図をみてください。これがルート間隔です。ルートギャップともいいます。

ルート間隔

ルート間隔は、突合せ溶接の継手の種類、溶接の種類、板厚、開先形状などにより異なります。溶接部の種類とルート間隔の関係を覚える必要は無いですが、溶接の基準図(標準図)など、一度読むといいですね。※下記が参考になる書籍です。

鋼構造建築溶接部の超音波探傷検査規準・同解説

ルート間隔の必要性

では、ルート間隔はなぜ必要でしょうか。下図をみてください。突合せ溶接を行う時、片面は裏当て金をあて、片面から溶接を行います。片面から溶接した場合の表面は、溶接性が良いですが、裏側の溶接性は落ちます。


ルート間隔が無ければ、裏側を完全に溶け込ませる(溶着金属と母材同士を一体化する)ことが、難しいと思いませんか。

ルート間隔の必要性

上記の理由から、片面溶接でなく「両面溶接」を行えば、ルート間隔は不要です。裏当て金の意味は、下記の記事が参考になります。

裏当て金とは?

溶接の種類とルート間隔

ルート間隔は色々な条件に応じて変わります。


下記のA、Bの溶接の種類に応じて、ルート間隔は変わります(当然、同じにもなります)。


A 被覆アーク溶接、ガスシールドアーク溶接、セルフシールドアーク溶接

B サブマージアーク自動溶接

継手種類とルート間隔

下記の継手種類により、突合せ溶接部のルート間隔は変わります。


・突合せ継手

・T形継手

・かど継手


各継手の形状を下図に示しました。これが突合せ継手です。

突合せ継手

下図がT形継手です。

T形継手

かど部分の継手は、かど継手です。

かど継手

突合せ溶接の意味は、下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

開先形状とルート間隔

開先形状によりルート間隔が変わります。I形開先より、レ型開先の方が、ルート間隔が大きくなる傾向です。突合せ溶接と開先の関係は、下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

まとめ

今回は、ルート間隔について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ルート間隔は、突合せ溶接の溶接性を高めるために必要です。必要な理由、片面溶接と裏当て金の関係を理解してくださいね。また、色々な条件でルート間隔は変わります。まずは、突合せ溶接、開先の意味を理解しましょう。下記の記事が参考になります。

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴

裏当て金とは?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ルート間隔とは?1分でわかる意味、必要性、突合せ溶接の値、溶接種類との関係