1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss400の引張強さは?1分でわかる値、jis、mpa、kgfとの関係
スポンサーリンク

ss400の引張強さは?1分でわかる値、jis、mpa、kgfとの関係

ss400の引張強さは400N/muです。jis規格では、400〜510という値で示されますが、400が一般的です。引張強さは材料が持つ最大の引張強度です。この値を超えたのち、材料は破断します。今回はss400の引張強さ、その値、jisとの関係、mpa、kgfでの値を説明します。ss400のjis規格、引張強さの意味は、下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

ss400の引張強さは?

ss400の引張強さは、


400N/mu


です。なお、sn400やsm400でも同じ値です。一方、ss490の引張強さは490N/muです。ss400の特徴、規格は下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー


sn400、sm400の意味、ss400との違いは下記が参考になります。

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い


下図をみてください。縦軸に応力、横軸にひずみをプロットした図です(応力ひずみ曲線といいます)。引張強さは、鋼材のもつ最大の強度です。引張強さを超えた後、材料の変形が増加し破断します。

ss400の引張強さ

引張強さの意味は、下記が参考になります。

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号


構造設計では、降伏点も大切です。降伏点と引張強さは混同されやすいですが、上図をみれば一目瞭然ですね。降伏点の意味は、下記が参考になります。

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

ss400の引張強さとjisの関係

jis規格によれば、ss400の引張強さは


400〜510 N/mu


です。ただし、一般的に引張強さは400を用います。計算上510を採用して、実際の引張強さが400だったら大変ですよね。引張強さに限らず、「〇〜〇」のように示される値は、下限値を採用しましょう。


ss400のjis規格は、下記の記事が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

ss400の引張強さとmpa、kgfの関係

ss400の引張強さは400N/muでした。単位換算して、mpaやkgfで表記しましょう。下記に整理しました。


400N/mu ⇒ 40kgf/mu

400N/mu ⇒ 400mpa


N/muからmpaに変換しても値は同じです。mpaの意味は、下記が参考になります。

mpaの読み方は?1分でわかる読み方、意味、kpa、mpa.s、GPaの読み方


NをSI単位系、kgfを工学単位系といいます。詳細は、下記が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

工学単位系とは?1分でわかる意味、質量、重量、力、圧力の単位

まとめ

今回はss400の引張強さについて説明しました。意味や値が理解頂けたと思います。ss400の引張強さは400N/muです。ss400に限らず、sn400やsm400も同じ値だと覚えましょう。また、引張強さの意味、降伏点との違いも理解しましょう。応力ひずみ関係図をみると、よくわかります。下記の記事も参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss400の引張強さは?1分でわかる値、jis、mpa、kgfとの関係