1. HOME > 鋼構造の基礎 > 添え板とは?1分でわかる意味、厚み、材質、記号、ガセットプレートとの違い

添え板とは?1分でわかる意味、厚み、材質、記号、ガセットプレートとの違い

添え板は、鉄骨部材の継手に取り付けられる鋼板です。スプライスプレートともいいます。また記号で、「SPL」と書きます。今回は添え板の意味、厚み、材質、記号、ガセットプレートとの違いについて説明します。※ガセットプレートは下記の記事が参考になります。

ガセットプレートってなに?1分でわかる目的とプレートの厚み

添え板(スプライスプレート)とは?

添え板は、鉄骨部材の継手に取り付ける鋼板です。継手は剛接合にして一体化させます。鉄骨部材を剛接合する方法は、

の2通りあります。一般的に、「継手」というと、高力ボルト接合のことです。※剛接合は下記の記事が参考になります。

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い


下図をみてください。鉄骨大梁の継手です。添え板は、フランジまたはウェブに取り付けるプレートです。

添え板と継手

鋼構造接合部指針を読むと、添え板の定義が書いてあります。

継手は、母材より高い耐力となるよう設計します。これを保有耐力継手といいます。継手の耐力は、高力ボルトの本数、添え板の厚み、幅で変わります。よって、保有耐力継手となるよう、添え板の厚みを決定します。※母材は下記の記事が参考になります。

母材とは?1分でわかる意味、材料、溶接、鉄骨との関係、対義語


ただし、保有耐力継手の計算は面倒なので、実務ではいちいち計算しません。母材の断面が決まれば、「SCSS H97」という書籍から、材質、部材断面に対応したボルト本数、添え板厚を読み取ります。継手の計算法も本書に書いてあるので、是非参考にしてくださいね。

下図をみてください。フランジに取り付ける添え板は、

の2種類あります。梁内側の添え板は、梁幅が狭いと端空きがとれず、取り付けできません。よって梁幅の狭い箇所の継手は、外添え板のみとします。

フランジとウェブの添え板

またウェブの添え板は、ウェブ両面に取り付けます。

 

添え板(スプライスプレート)の厚み

継手の耐力は、添え板の厚みや幅で変わります。添え板厚、幅を大きくすれば、その分耐力が大きくなります。


添え板の厚みは鉄骨部材に応じて様々ですが、

などです。保有耐力継手とするので、母材の断面性能が大きくなるほど、添え板も厚くなります。

添え板(スプライスプレート)の材質

添え板の材質は、母材の級に合わせます。母材がSN400級なら、添え板も400級です。

添え板(スプライスプレート)の記号

添え板は、「SPL」や「PL」という記号で描きます。またリブプレートは「RPL」、ガセットプレートは「GPL」で示します。

添え板(スプライスプレート)とガセットプレートの違い

添え板は、継手に取り付けるプレートです。剛接合にすることが目的なので、母材の耐力以上となるよう、添え板の厚み、幅を決定します。


ガセットプレートは、どちらかと言えば、鉄骨小梁などの二次部材を留める際、必要なプレートです。ガセットプレートについては下記の記事が参考になります。

ガセットプレートってなに?1分でわかる目的とプレートの厚み

まとめ

今回は添え板について説明しました。意味が理解頂けたと思います。継手を剛接合とするため、添え板は必要です。継手の耐力は計算が面倒ですが、一度は計算してみましょう。前述したSCSSH97や鋼構造接合部指針などに詳しく書いてあります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 添え板とは?1分でわかる意味、厚み、材質、記号、ガセットプレートとの違い