1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鉄骨構造梁継手接合部標準図集とは?1分でわかる意味、書籍、scss-h97との関係
スポンサーリンク

鉄骨構造梁継手接合部標準図集とは?1分でわかる意味、書籍、scss-h97との関係

鉄骨構造梁継手接合部標準図集は、鉄骨梁の継手接合部の「標準」が示された図集です。鉄骨造の梁は、主にH形鋼を使います。H形鋼の継手接合部の一覧が示した書籍がscss-h97です。今回は、鉄骨構造梁継手接合部標準図集の意味、書籍、scss-h97との関係について説明します。scss-h97の詳細は下記が参考になります。

SCSS‐H97 鉄骨構造標準接合部 H形鋼編(SI単位表示版)

scss-h97とは?1分でわかる意味、目的、梁継手、柱継手、保有耐力接合の表

鉄骨構造梁継手接合部標準図集とは?

鉄骨構造梁継手接合部標準図集は、鉄骨梁の継手接合部の標準を示した図集です。実は、鉄骨造の梁継手のボルト本数、プレート厚を決めるために面倒な計算が必要です。


一方でこの計算は、計算しても同じ結果になります。よって、「H-200x100x5.5x8ならこの継手」というように、継手の標準を示した図集を使うと便利です。


鉄骨造の梁は、主にH形鋼を使います。梁をH形鋼、柱を角形鋼管にしたラーメン構造が一般的です。梁がH形鋼の継手接合部の標準図集として「scss-h97」があります。


鉄骨造の構造設計をするとき、H形鋼の継手は大体がscss-h97を使います。scss-h97とは、下記の書籍です。

SCSS‐H97 鉄骨構造標準接合部 H形鋼編(SI単位表示版)

スポンサーリンク

鉄骨構造梁継手接合部標準図集の書籍、scss-h97の関係

鉄骨構造梁継手接合部標準図集の書籍として、scss-h97が有名です。構造設計の実務で、日常的に使う書籍です。scss-h97を詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

scss-h97とは?1分でわかる意味、目的、梁継手、柱継手、保有耐力接合の表


また、鉄骨造の継手、接合部の設計は下記の書籍が参考になります。

鋼構造接合部設計指針


また、鉄骨造は鉄筋コンクリート造に比べて、納まりや接合部に注意が必要です。標準的な鉄骨造の納まりは理解すべきでしょう。下記書籍がおすすめです。

S造設計[構法・テ゛ィテール]選定マニュアル

まとめ

今回は鉄骨構造梁継手接合部標準図集について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄骨造の梁継手の標準図集として、scss-h97があります。構造設計事務所なら、必ず1冊は持っている書籍です。また、鉄骨造は継手に限らず、接合部や納まりが大切な構造です。鋼構造接合部指針や、その他、鉄骨造の納まり図集を読むと勉強になりますよ。下記書籍も参考にしてくださいね。

S造設計[構法・テ゛ィテール]選定マニュアル

鋼構造接合部設計指針



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

わかる2級建築士の計算問題解説書!

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鉄骨構造梁継手接合部標準図集とは?1分でわかる意味、書籍、scss-h97との関係