1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鉄骨のアンカーとは?1分でわかる意味、アンカーフレーム、アンカーボルトとの関係
スポンサーリンク

鉄骨のアンカーとは?1分でわかる意味、アンカーフレーム、アンカーボルトとの関係

鉄骨のアンカーとは、アンカーボルトのことです。また既製柱脚のアンカーボルトなどを含むセット(製品)をいいます。今回は鉄骨のアンカーの意味、アンカーフレーム、アンカーボルトとの関係について説明します。アンカーボルト、既製柱脚の詳細は、下記が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

ハイベースとは?1分でわかる意味、偏心、カタログ、施工

鉄骨のアンカーとは?

鉄骨のアンカーとは、アンカーボルトのことです。既製柱脚のアンカーボルトを含むセット(製品)を意味することもあります。下図をみてください。これがアンカーボルトです。

露出柱脚

主に柱脚に用いる接合材ですが、下図のように鉄筋コンクリートの壁と鉄骨部材を接合する場合にも用います。

壁と鉄骨のアンカー

アンカーボルトの詳細は、下記が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類


また、似た用語にあと施工アンカーがあります。新築物件であと施工アンカーを使うことは無いです。主に耐震改修で使う材料です。あと施工アンカーの詳細は、下記が参考になります。

あと施工アンカーってなに?1分でわかる種類と使い方

鉄骨のアンカーボルト

鉄骨のアンカーボルトは、鉄骨部材と鉄筋コンクリート部材を接合するものです。主に、鉄骨造の柱脚に用いており、


アンカーボルト

ベースプレート

無収縮モルタル


が一体化されます。柱脚の詳細は、下記が参考になります。

柱脚の種類


アンカーボルトの意味、定着長さなど関係する記事を下記に整理しました。学習の参考にしてくださいね。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

定着版とは?1分でわかる意味、サイズ、役割、アンカーボルトとの関係

鉄骨とアンカーフレームの関係

アンカーフレームは、アンカーボルトを据え付けるための仮設材です。既製柱脚のセットに必ず含まれています。


柱脚には、在来柱脚と既製柱脚があります。既製柱脚は、各メーカーが製品として、アンカーボルト、アンカーフレームなどをセットとして販売しています。


柱の断面寸法に応じて、アンカーボルト本数、径、ダイアフラム厚などが規格化されています。柱脚の設計が、大幅に簡略化されるため便利です。既製柱脚の意味は、下記が参考になります。

ハイベースとは?1分でわかる意味、偏心、カタログ、施工

まとめ

今回は鉄骨のアンカーについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。鉄骨のアンカーは、アンカーボルトのことです。アンカーボルトの意味、鉄骨部材との関係を理解しましょう。下記の記事も参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

柱脚の種類


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 鉄骨のアンカーとは?1分でわかる意味、アンカーフレーム、アンカーボルトとの関係