1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築のファスナーとは?1分でわかる意味、鉄骨との関係、種類

建築のファスナーとは?1分でわかる意味、鉄骨との関係、種類

建築のファスナーとは、接合部に用いる金具です。ファスナーの種類として、ボルトやアンカーボルトがあります。今回はファスナーの意味、鉄骨との関係、ファスナーの種類について説明します。高力ボルト、アンカーボルト、普通ボルト、リベットの意味など、下記が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト

リベットとは?1分でわかる意味、仕組み、強度、用途

建築のファスナーとは?

建築のファスナーは、接合部に用いる金具です。ボルトやリベット、アンカーボルトなどがあります。ファスナーの種類は、後述しました。

ファスナーと鉄骨の関係

鉄骨部材に用いるファスナーには、高力ボルトやアンカーボルトなどがあります。鉄骨造は、鉄筋コンクリートに比べて接合部の設計に注意します。母材より接合部の耐力が大きくなるような設計が基本です。これを保有耐力接合といいます。詳細は、下記が参考になります。

接合部の保有耐力接合と計算方法


保有耐力接合を満足するには、ファスナーのせん断破壊が起きないよう注意します。保有耐力接合では、母材より接合部の耐力を高くするので、母材の断面が大きいほど、ファスナーの本数や断面が大きくなります。

ファスナーの種類

鉄骨部材に使うファスナー種類には、下記があります。


高力ボルト

普通ボルト

アンカーボルト

リベット


高力ボルト、鉄骨造に多く用いられるファスナーです。耐力が大きく、高力ボルトを用いた接合部は安定しています。高力ボルトの詳細は、下記が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴


普通ボルトは、化粧材を留める時、軽量形鋼を留める場合に使います。中ボルトともいいます。普通ボルトの詳細は、下記が参考になります。

中ボルトとは?1分でわかる意味、規格、強度区分、戻り止め、高力ボルト


リベットは、高力ボルトが普及する前、一般的に使われていたファスナーです。リベットの詳細は、下記が参考になります。

リベットとは?1分でわかる意味、仕組み、強度、用途


アンカーボルトは、柱脚または基礎、鉄筋コンクリートと鉄骨部材を接合するとき用います。アンカーボルトの詳細は、下記が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

まとめ

今回はファスナーについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。ファスナーは、接合部に用いる金具です。ボルトやアンカーボルトをいいます。ファスナーの種類、高力ボルト、アンカーボルトの詳細も勉強しましょうね。下記が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築のファスナーとは?1分でわかる意味、鉄骨との関係、種類