1. HOME > 鋼構造の基礎 > アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

アンカーボルトが何か知っていますか。アンカーボルトは、鉄骨造の「柱脚」に必要な部材の1つです。柱脚に関しては、下記の記事が参考になります。


今回は、そんなアンカーボルトに着目して、アンカーボルトの目的や、規格、サイズ、種類について説明します。


アンカーボルトの種類

アンカーボルトには、基本的に下記の2つがあります。

です。


間柱など、両端がピン接合で地震力を受けない2次部材は、柱脚のアンカーボルトをSS400にすることもあります。しかし、JIS規格でアンカーボルトとして定められているのは、上記です。


※間柱や、ピン接合に関しては下記の記事が参考になります。

400と490は、鋼材の材料強度です。ABRとABMの違いは後述します。


アンカーボルトの規格とサイズ

前述したアンカーボルトの規格とサイズを下記に示します。


ABRアンカーボルトの規格とサイズ

まずはABRアンカーボルトの規格とサイズを示します。

ABR400の規格とサイズ


ABR400の公称耐力


ABMアンカーボルトの規格とサイズ

次にABMアンカーボルトの規格とサイズを示します。


ABM400の規格とサイズ


ABM400の公称耐力


ナットと座金の規格とサイズ

アンカーボルトは、必ず呼び径に合ったナットや座金のサイズが規格化されています。但し、ナットと座金に関しては、ABRとABMで規格やサイズが同じです。下図表を参考にしてください。


ナットの規格とサイズ


座金の規格とサイズ

スポンサーリンク
 

定着版の規格とサイズ

アンカーボルトは、先端をフック付きにするか定着版付きにする必要があります。これは、アンカーボルトの定着性を強くするためです。また定着版は、フック付きよりも納まりが良く、施工も簡単です。


下図表に定着版の規格とサイズを示します。


アンカーボルトの目的

アンカーボルトは、柱脚で最も重要です。その理由は、上部の鉄骨造と、基礎のRC造を繋ぎ合わせる目的があります。アンカーボルトは、ベースプレートを介して、基礎柱や基礎に定着させます。ベースプレートに関しては、下記の記事が参考になります。


また、鉄骨造の固さはアンカーボルトの影響を受けます。例えば、アンカーボルトの径が太ければ、建物の剛性は上がります。逆に細径のアンカーボルトを用いた建物は、柔らかく、変形が大きくなるのです。


言い換えれば、アンカーボルトは地震時に建物の変形を抑える効果がある、といえます。ボルトなので小さな部材ですが、無視できない存在です。


ABRとABMの違い

前述したABRとABMは何が違うのでしょうか。下記に整理しました。


どちらが有利、とは言い難いですが一般的にABRアンカーボルトを用いることが多いです。官公庁の施設でも、一般的にABRを用います。


アンカーボルトの定着長さ

前述したように、アンカーボルトは基礎又は基礎柱へ定着します。下図をみてください。これはアンカーボルトを定着した様子を描きました。


有効長さとは、柱脚のバネを考慮するときに用いる値です。定着長さと値が異なる点に注意したいですね。


アンカーボルトの施工方法

アンカーボルトの施工方法は、下記の流れで行います。


アンカーフレームとは、アンカーボルトを設置する仮設材です。なぜアンカーフレームが必要でしょうか。アンカーボルトを設置するとき、まだコンクリートを打設していません。よって、アンカーボルトは宙に浮いた状態で設置することになります。もちろん宙に浮いた状態で設置などできませんから、仮設材にアンカーボルトを留めて所定の位置に設置します。


まとめ

今回は、アンカーボルトについて説明しました。アンカーボルトは、柱脚を構成する重要な部材です。アンカーボルトの種類や特徴を理解しましょう。また下記の記事は、今回の記事に関連しているので、併せて参考にしてください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類