1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築構造用アンカーボルトとは?1分でわかる意味、種類、伸び能力、abrとの関係
スポンサーリンク

建築構造用アンカーボルトとは?1分でわかる意味、種類、伸び能力、abrとの関係

建築構造用アンカーボルトとは、耐震性を付与したアンカーボルトです。建築物専用に開発されました。具体的には、ネジ部の破断よりボルト軸が降伏するような規定が設けられています。今回は建築構造用アンカーボルトの意味、種類、伸び能力、abrとの関係について説明します。Abr400の規格、アンカーボルトの意味は、下記が参考になります。

abr400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、定着版との関係

アンカーボルトは何のためにある?効果と役割について

建築構造用アンカーボルトとは?

建築構造用アンカーボルトは、耐震性を付与したアンカーボルトです。建築物専用に開発されたアンカーボルトです。


ネジ部の破断より、アンカーボルトの軸部が降伏するよう規定されています。例えば、材質に降伏比が規定されたSNR材を用いています。降伏比、SNR材の特徴、規格は下記が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

建築構造用圧延棒鋼とは?1分でわかる意味、snr鋼材、規格、ブレース


建築構造用アンカーボルトは、ボルト軸が降伏するよう規格されているため、伸び能力が高いです。アンカーボルトが急に破断することが無く、効果的に地震力を吸収できます。伸び能力の意味は、下記が参考になります。

snr400bとは?1分でわかる意味、ブレースとの関係、ss400、snr490b

建築構造用アンカーボルトの種類

建築構造用アンカーボルトの種類は、下記があります。


ABR400

ABR490

ABM400

ABM490


ABRは転造ネジのアンカーボルト、ABMは切削ネジのアンカーボルトです。転造ネジ、切削ネジの違い、特徴は下記が参考になります。

転造ねじアンカーボルトとは?1分でわかる意味、断面積、種類、サイズ

abm400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、abr400との違い


前述の材質は、それぞれ下記が参考になります。

abr400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、定着版との関係

abm400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、abr400との違い

建築構造用アンカーボルトと伸び能力

建築構造用アンカーボルトは、耐震性を付与しています。これは、ネジ破断より軸降伏が先行するため、「伸び能力がある」からです。建築構造用アンカーボルトの材質であるsnr材は、降伏比が規定されています。下図にsnr材の規格を示します。

種類 降伏点、耐力(N/mu) 引張強度(N/mu) 降伏比(%)
径 mm
6以上 12以上 40超え 6以上 12以上
12未満 40以下 100以下 12未満 100以下
SNR400A 235以上 235以上 215以上 400以上 - -
SNR400B 235以上 235以上 215以上 510以下 80以下
325以上 355以下 335以下
SNR490B 325以上 325以上 295以上 490以上 80以下
445以下 415以下 610以下

まとめ

今回は建築構造用アンカーボルトについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築構造用アンカーボルトは、耐震性が付与されたアンカーボルトです。ねじ破断、軸降伏の関係を覚えてくださいね。下記の記事も参考にしてください。

アンカーボルトは何のためにある?効果と役割について

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

abr400とは?1分でわかる意味、規格、許容応力度、定着版との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 建築構造用アンカーボルトとは?1分でわかる意味、種類、伸び能力、abrとの関係