1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 接着系アンカーってなに?1分でわかる意味と材質、埋込長さ

接着系アンカーってなに?1分でわかる意味と材質、埋込長さ

接着系アンカーをご存じでしょうか。あと施工アンカーの1つで、既存躯体とあと施工アンカーを接着剤により接合する工法の総称です。今回は、そんな接着系アンカーの意味、材質、埋め込み長さなどについて説明します。


※あと施工アンカーについては、下記の記事が参考になります。

接着系アンカーってなに?

前述したように接着系アンカーは、既存躯体に孔を空け接着剤を詰めます。そこにアンカー筋を差し込んで、躯体とアンカー筋を一体にする工法です。


下図をみてください。接着系アンカーの断面図ですが、躯体に孔を空けて樹脂カプセルを埋め込みます。次にアンカー筋を打撃、回転させ、カプセルごとアンカー筋を埋め込みます。カプセル内の樹脂が孔に溢れてアンカー筋と一体になります。

接着系アンカーの回転・打撃式と打込み式

接着系アンカーには、回転・打撃式と打ち込み式があります。両者とも躯体に空けた孔にカプセルを埋め込みます。回転・打撃式に用いるアンカー筋は、先端部を片側斜め45度にカットし、アンカー筋に回転と打撃を加えアンカー筋を差し込みます。


打ち込み式に用いるアンカー筋は先端部を平先寸切り状として、ハンマーにより打撃して、接着剤と固着させる方法です。

接着系アンカーの種類

工法により分類すると、主に2つです。1つはカプセル型、2つめは注入型です。カプセル型は前述した方法です。注入型は、接着剤を孔に注入する工法です。また、カプセル型には樹脂の有機系、無機系による違いがあります。注入型は、接着剤の現場調合式とカートリッジ式の2つがあります。

接着系アンカー筋の材質

下表をみてください。接着系アンカー筋の材質を示しました。

JIS規格番号 規格名称 種類の記号の例
G3112 鉄筋コンクリート用棒鋼 SD295A SD345

アンカー筋は一般の異形鉄筋が用いられ、SD295AとSD345です。

接着系アンカーの埋込長さなど

下表をみてください。これは接着系アンカーの埋め込み長さを示しています。

アンカー筋
呼び径 da 埋込み深さ L 増設壁への有効定着長さ Ln 有効埋込み深さ 全長
D13 8da以上 RC壁補強の場合  20da以上(ナット付き)  30da以上(ナットなし) ブレース補強の場合  6da以上(ナット付き) 有効埋込み深さ(le)  le=L−da 全長  ld=L+Ln+ナット高さ(ナット付きの場合)
D16
D19
D22

有効埋め込み長さは、埋め込み長さからアンカー筋の呼び径を引いた値です。有効長さが満足するように注意しましょう。

まとめ

今回は接着系アンカーについて説明しました。接着系アンカーの仕組みを理解できたと思います。接着系アンカーの詳しい仕組みよりも、接着系アンカーがどういうものか理解できればOKです。


以上、今回の記事が参考に成れば幸いです。

参考文献

既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準・改修設計指針・同解説 耐震改修促進法に基づく国土交通省大臣認定耐震診断及び耐震改修に関する指針と解説より

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 接着系アンカーってなに?1分でわかる意味と材質、埋込長さ