1. HOME > 鋼構造の基礎 > 定着版とは?1分でわかる意味、サイズ、役割、アンカーボルトとの関係

定着版とは?1分でわかる意味、サイズ、役割、アンカーボルトとの関係

定着版は、アンカーボルトの定着を良くする金具です。定着版を取り付ける代わりに、フック付きにする方法もあります。今回は、定着版の意味、規格とサイズ、役割、アンカーボルトとの関係について説明します。※フックは下記の記事が参考になります。

鉄筋のフックってなに?鉄筋のフックの種類と、折り曲げ直径

アンカーボルトは下記の記事が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

定着版とは?

定着版は、アンカーボルトの定着性を良くする金具です。アンカーボルトは柱脚部を基礎や基礎柱などに定着させる目的があります。柱脚と基礎部を一体化させないと、力が伝達されないからです。


柱脚と基礎部を一体化させる部材がアンカーボルトです。アンカーボルトには引抜く力も作用します。よって、引抜かれないため定着版やフックを付けます。フック付き定着については下記の記事が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

下図をみてください。これが定着版です。

定着版

定着版のサイズ

定着版は、丸型と四角型の2種類があります。今回は丸型の定着版について紹介します。

定着版のサイズ

定着版とアンカーボルトの関係

定着版とアンカーボルトの関係を下図に示します。

定着版

定着版のサイズはアンカーボルトの径により決定します。丸型、四角型は、特に決まりはないので状況に応じて使い分けてください。

定着版と鉄筋のフック

アンカーボルトの定着性を良くするため、定着版かフックを設けます。フックを付けるためには、アンカーボルトを曲げる必要があります。曲げ加工をするよりも、定着版を取り付けた方が簡単ですね。よって定着版の採用が多いです。

まとめ

今回は定着版について説明しました。定着版の意味、役割が理解頂けたと思います。アンカーボルトを鉄器コンクリート部材へ定着するとき、定着版かフック付き定着とします。定着版を取り付けた方が、納まりが良いことも覚えてくださいね。


今回の記事は、アンカーボルトやワッシャー、ナットについて目を通すと良いでしょう。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

ワッシャーとは?1分でわかる規格、寸法、向き、順番、役割、スプリング座金

ナットとは?1分でわかる寸法、絞め方、ボルトとの違い、ナットの向き、使い方

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 定着版とは?1分でわかる意味、サイズ、役割、アンカーボルトとの関係