1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > あと施工アンカーってなに?1分でわかる種類と使い方

あと施工アンカーってなに?1分でわかる種類と使い方

あと施工アンカーをご存じでしょうか。建築物の耐震改修で用いられるアンカーのことです。今回は、あと施工アンカーについて説明します。

あと施工アンカーってなに?

下図をみてください。これは、あと施工アンカーの1つで、接着系アンカーの断面図を示しています。


このように、あと施工アンカーは、既存鉄筋コンクリート造の躯体にあらかじめ孔を空け、そこに接合するアンカー筋およびアンカー筋を埋め込む工法のことです。

あと施工アンカーの名前の由来は、「後で施工するアンカー」のことです。「後で」とは、「建物ができあがった後で」という意味です。後述する理由より、新築であと施工アンカーは使えません。

あと施工アンカーの種類

あと施工アンカーは、大まかに下記の2種類あります。

それぞれに特徴がありますが、接合方法に安定性のある接着系アンカーが一般的に用いられています。

金属系アンカー

アンカーと既存鉄筋コンクリート躯体を、機械的に接合する方法です。詳細は、下記の記事が参考になります。

接着系アンカー

アンカーと既存鉄筋コンクリート躯体を、接着剤による接合する方法です。詳細は、下記の記事が参考になります。

あと施工アンカーの分類

さらに詳細に分類すると、下図のように多くの種類があります。

あと施工アンカーは新築では使用不可

あと施工アンカーの使用は、新築物件には使用できません。新築建物は、建築基準法により接合方法が規定されています。主要な接合部は、高力ボルトやリベット、溶接のみ使えます。また、あと施工アンカーは許容応力度や材料強度が建築基準法で規定されていません。よって許容応力度計算が出来ないことを意味し、使用できないのです。


一方、耐震補強(改修)は建築基準法に縛られるわけではなく、「耐震改修促進法」という別の法律で設計法が示されています。そちらの規準では、既存建物に対してあと施工アンカーの使用が認められています。

まとめ

今回は、あと施工アンカーについて説明しました。あと施工アンカーの意味や使い方が理解頂けたと思います。金属系アンカーや、接着系アンカーの説明も行いましたので、併せて参考にしてください。

参考文献

既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準・改修設計指針・同解説 耐震改修促進法に基づく国土交通省大臣認定耐震診断及び耐震改修に関する指針と解説より

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > あと施工アンカーってなに?1分でわかる種類と使い方