1. HOME > 鋼構造の基礎 > 薄板とは?1分でわかる意味、読み方、溶接、厚板との違い、用途、規格

薄板とは?1分でわかる意味、読み方、溶接、厚板との違い、用途、規格

薄板は厚み3mm未満の鋼板のことです。3mmから6mm未満を中板、6mm以上を厚板といいます。今回は薄板の意味、読み方、溶接、厚板との違い、薄板の用途、薄板の規格について説明します。


薄板を使った代表的な鋼材としてリップ溝形鋼があります。リップ溝形鋼については下記の記事が参考になります。

溝形鋼の特徴と重量溝形鋼と軽量溝形鋼について

薄板とは?

薄板とは、厚みが3mm未満の鋼板をいいます。柱、梁のような構造部材では、薄板を使いません。薄板は厚みが薄いので、構造耐力上不安があります。また、薄板を用いた鋼材として一般的なリップ溝形鋼(cチャンネル材)は、非対称断面なので注意して使う必要があります。※リップ溝形鋼については下記の記事が参考になります。

溝形鋼の特徴と重量溝形鋼と軽量溝形鋼について


薄板の厚みは、下記の規格があります。


リップ溝形鋼として一般的な厚みは2.3です。スパンが長く、強度や剛性を必要とする場合は3.2とします。

薄板の読み方

薄板は「うすいた」と読みます。そのままの意味で、厚みが薄い板のことです。また、厚板は「あついた」と読みます。

薄板の溶接

薄板を溶接することはできません。


薄板は3mm未満の鋼板です。溶接は、溶接棒と鋼材の一部を溶かして一体化する接合方法です。薄板は厚みが薄いので、熱により鋼板がすべて溶けてしまいます。


よって薄板の接合はボルト接合が基本です(ボルトとは、普通ボルトのこと。高力ボルトでは無い)。

薄板と厚板の違い

薄板と厚板の違いは、鋼板の厚みの違いです。下記に違いを示しました。

・薄板 ⇒3mm未満の鋼板

・厚板 ⇒6mm以上の鋼板


また構造的な違いは下記です。

・薄板 ⇒外壁や天井の下地材で用いる

・厚板 ⇒柱や梁など構造部材として用いる


但し、住宅メーカーでは薄板による軽量鉄骨を主柱、主梁として使うことがあります。薄板は構造的な不安があるものの、実験により問題ないことを確認して、構造部材として使う場合もあるのです。

薄板の用途

薄板は厚みが薄いので、大きな力を負担できません。よって、比較的作用する力が小さい、壁や天井、屋根の下地材として使います。壁の下地材を、胴縁といいます。※胴縁については下記の記事が参考になります。

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁


屋根の下地材を母屋といいます。※母屋については下記の記事が参考になります。

母屋とは何か?役割と意味について

まとめ

今回は薄板について説明しました。薄板の意味が理解頂けたと思います。薄板の用途、溶接性を理解してください。建築物には、薄板の鋼材をよく使います。耐力が小さいので、使いどころを間違えないよう注意しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 薄板とは?1分でわかる意味、読み方、溶接、厚板との違い、用途、規格