建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 壁量計算と構造計算の違いは?1分でわかる意味、違い、木造、4分割法との関係

壁量計算と構造計算の違いは?1分でわかる意味、違い、木造、4分割法との関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


壁量計算(かべりょうけいさん)とは、地震や台風の力に対して問題ないように耐力壁(たいりょくかべ)の仕様(厚み、材料、配置など)を決める計算です。一方、構造計算とは、あらゆる荷重(地震、雪、台風、人間)に対して、柱、床、梁、壁などの構造部材が問題ないか確認する計算です。


壁量計算は、構造計算をかなり簡略した計算で、2階建て以下の木造住宅などで行います。今回は壁量計算と構造計算の違い、意味、木造、4分割法との関係について説明します。構造計算、壁量計算の詳細は下記も参考になります。

構造計算とは?1分でわかる目的、方法、費用

壁量とは?1分でわかる意味、読み方、計算、バランスと偏心率、壁倍率

四分割法とは?1分でわかる意味、壁充足率、壁率比、計算法

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

壁量計算と構造計算の違いは?

壁量計算と構造計算の違いを下記に示します。


壁量計算(かべりょうけいさん) ⇒ 地震、台風の力に対して必要な耐力壁の量(壁量)が建物に配置されているか確認する計算。壁量のみを計算する。構造計算をかなり簡略したもの。

構造計算(こうぞうけいさん) ⇒ 建築基準法で規定されるあらゆる荷重(地震、台風、雪、人、衝撃など)に対して、各構造部材(柱、梁、床、壁など)が問題ないことなどを確認する計算。


上記の通り、壁量計算はどのくらいの壁量が必要か?計算するだけです。一方、構造計算はあらゆる荷重に対して、全ての構造部材が問題ないことを確認します。


通常行う構造計算には、許容応力度計算と保有水平耐力計算などがあります。いずれにしろ壁量計算は、構造計算をかなり簡略化した計算の1つと考えてください。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

保有水平耐力とは何か?


構造計算は、構造設計者(構造設計一級建築士)という専門技術者が行いますが、壁量計算は一般的な建築士でも行えます。


壁量、構造計算の詳細は下記が参考になります。

壁量とは?1分でわかる意味、読み方、計算、バランスと偏心率、壁倍率

構造計算とは?1分でわかる目的、方法、費用

スポンサーリンク

壁量計算と木造の関係

2階建て以下の木造住宅など、規模の小さな建築物(4号建築物)は構造計算を行う義務がありません。その代わり、政令で定める構造方法の仕様以上にし、安全性はしっかり確保する必要があります。※4号建築物の詳細は下記が参考になります。

4号建築物とは?1分でわかる意味、構造計算、大規模修繕との関係


また壁量計算を行い、地震や台風による力に対して所定の壁量を有しているか確認します。前述したように「壁量計算」は、住宅以外の建築物で行う「構造計算」をかなり簡略したものです。


また確認申請時(簡単にいうと第三者によるチェック)に、構造図や構造計算書の提出が義務ではないため、構造性能を満たしていない住宅が存在する可能性もあります。

壁量計算と4分割法の関係

四分割法とは、建築物を平面に四分割して、存在壁量および必要壁量を算出する壁量計算の方法です。四分割法を使えば、必要壁量に対して所定の耐力壁をバランスよく配置することを確認できます。


4分割法の詳細、計算方法など下記が参考になります。

四分割法とは?1分でわかる意味、壁充足率、壁率比、計算法

まとめ

今回は壁量計算と構造計算の違いについて説明しました。規模の小さな建築物(木造住宅)などの安全性は、壁量計算などで確認します。公共建築物やマンション、事務所ビルなど中小・大規模建築物の安全性は、構造計算で確認します。下記も併せて勉強しましょう。

構造計算とは?1分でわかる目的、方法、費用

壁量とは?1分でわかる意味、読み方、計算、バランスと偏心率、壁倍率

【割引中】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集(※既に297人がお申し込みしました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
建築構造がわかる基礎図解集
pdf版の学習記事

更新情報

【こんな自己診断やってみませんか?】

【無料の自己分析】あなたの本当の強みを知りたくないですか?⇒ 就活や転職で役立つリクナビのグッドポイント診断

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 壁量計算と構造計算の違いは?1分でわかる意味、違い、木造、4分割法との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事