1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 仕上表とは?1分でわかる意味、建築図面との関係、見方

仕上表とは?1分でわかる意味、建築図面との関係、見方

仕上表とは、建築図面の1つです。表と文字で構成された図面なので、「図」が付きませんが基本的な意匠図面です。構造設計を行うとき、平面・立面・断面と仕上げ表が必要です。仕上表には、各部屋の床や壁、天井に使う仕上げ材が明記されています。今回は仕上表の意味、建築図面との関係、仕上表の見方について説明します。


※建築図面は下記の記事が参考になります。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

仕上表とは?

仕上表は、各部屋の床や壁、天井などの仕上げ材を示した図面です。図面といっても、「図」ではなく、表と文字で構成されます。


構造設計を行うとき、荷重を設定します。荷重の設定では、床や壁に「どのような仕上げ材を使っているか」知りたいです。重い仕上げを使う床、二重床にする床の範囲などを把握しないと、荷重に影響するからです。


仕上表には、多くの記号や省略文字を使います。例えば、


GB−R

EP


です。GB−Rはせっこうボード、EPは合成樹脂エマルションペイント塗りのことです。仕上げ材の正式名称は長い文字が多いです。よって、省略した文字や記号を使います。記号は覚える必要は無いです。仕上げ表の下側に注釈があります。

仕上表と建築図面との関係

建築図面には順番があります。表紙や図面目録から始まり、配置図、面積表の後に、仕上表です。建築図面の後になるほど、詳細図などの細かい図面がでてきます。仕上表は、建築図面の中でも、基本的な図面といえますね。


※他の建築図面は下記の記事が参考にあります。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

仕上表の見方

仕上表の見方は簡単です。まず、仕上表には


室名

天井


の枠があります。階は、階数のことです。階数の意味は下記の記事が参考になります。

建築物の層とは?1分でわかる意味、階との違い、使い方、構造計算


室名は、部屋の名前です。平面図をみると、各部屋の名前が書いてあります。これと対応する室名が仕上表にもあります。あとは、床、壁、天井の枠に、各部屋と階に対応した仕上げ材が明記あります。また、仕上材とあわせて、下地材を書くことも多いです。


専門的な図面が多い建築図面ですが、比較的読みやすいのが仕上表です。前述したように、省略記号や文字に注意してください。

まとめ

今回は仕上表について説明しました。意味が理解頂けたと思います。仕上表は、各部屋の床や壁、天井に使う仕上げ材を明記した図面です。ただし、表と文字で構成した図面なので、図は無いです。仕上表は平面図と同じくらい基本的な図面です。覚えてくださいね。その他の建築図面は、下記の記事が参考になります。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 仕上表とは?1分でわかる意味、建築図面との関係、見方