1. HOME > 構造計算の基礎 > 延性破壊とは?1分でわかる意味、読み方、脆性破壊との違い、延性材料、せん断破壊との関係
スポンサーリンク

延性破壊とは?1分でわかる意味、読み方、脆性破壊との違い、延性材料、せん断破壊との関係

延性破壊とは、塑性変形したのち起きる破壊です。鋼材を引張試験すると、延性破壊の様子がよくわかります。今回は延性破壊の意味、読み方、脆性破壊との違い、延性材料、せん断破壊との違いについて説明します。似た用語に靭性、対義語に脆性破壊があります。靭性、脆性破壊の意味は、下記が参考になります。

靭性とは?靭性のある材料とは?建物の耐震性との関係

脆性破壊ってなに?1分でわかる意味と、脆性破壊の種類

延性破壊とは?

延性破壊とは、塑性変形したのちに起きる破壊です。下図をみてください。これが延性破壊です。

延性破壊

延性破壊は、破壊までに下記の現象が生じます。


降伏

応力度の減少、変形の増加

再硬化

破断


下図をみてください。鋼材の応力ひずみ関係です。降伏までは線形的に変形が増加します。その後、応力が低下します。次の段階では、変形が増加しつつも応力が増加し、最大の応力を示します。その後、ようやく破断します。

応力ひずみ線図

上記の通り、延性破壊は「十分に変形した後、破断する」という特徴があります。鋼材の応力ひずみ関係、塑性の性質は、下記が参考になります。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方

弾性と塑性の性質について

延性破壊の読み方

延性破壊は、「えんせいはかい」と読みます。関係用語の読み方は、下記です。


延性 ⇒ えんせい

延性材料 ⇒ えんせいざいりょう

脆性破壊 ⇒ ぜいせいはかい


延性の意味は、下記が参考になります。

延性とは?1分でわかる意味、読み方、材料、脆性との関係、靭性との違い

延性破壊と脆性破壊との違い

延性破壊と脆性破壊の違いを下記に示します。


延性破壊 ⇒ 塑性変形後、破壊する現象。十分に変形したのち壊れる。

脆性破壊 ⇒ 急に耐力を失い破壊する現象。変形量は少ない。


脆性破壊の意味は、下記が参考になります。

脆性破壊ってなに?1分でわかる意味と、脆性破壊の種類

延性破壊と延性材料の関係

延性材料は、延性破壊を起こします。延性材料とは、鋼材やアルミニウムなどの金属系材料が多いです。延性の意味は、下記が参考になります。

延性とは?1分でわかる意味、読み方、材料、脆性との関係、靭性との違い

延性破壊とせん断破壊の関係

せん断破壊とは、せん断力により生じる破壊です。部材が急激に耐力を失う破壊なので、脆性破壊の1つです。せん断破壊の意味は、下記も参考になります。

せん断破壊とは?1分でわかる意味、特徴、計算、危険性


延性破壊とは対照的な破壊形式と考えてください。

まとめ

今回は延性破壊について説明しました。意味が理解頂けたと思います。延性破壊は、塑性変形したのち起きる破壊形式です。建物に用いる構造部材は、延性破壊となる材料を用います。延性、靭性の意味など、下記も勉強しましょう。

延性とは?1分でわかる意味、読み方、材料、脆性との関係、靭性との違い

靭性とは?靭性のある材料とは?建物の耐震性との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 延性破壊とは?1分でわかる意味、読み方、脆性破壊との違い、延性材料、せん断破壊との関係