1. HOME > 構造計算の基礎 > 引張応力とは?1分でわかる意味、公式と求め方、記号、引張応力度との違い

引張応力とは?1分でわかる意味、公式と求め方、記号、引張応力度との違い

引張応力は、引張力(ひっぱりりょく)が作用するときの、部材内部に生じる力(内力)です。建築では、引張応力と引張応力度を使い分けます。但し、他分野では引張応力度のことを「引張応力」ともいいます。今回は引張応力の意味、公式と求め方、記号、引張応力度との違いについて説明します。※応力は下記の記事が参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法


また、応力度は下記の記事が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

引張応力とは?

引張応力とは、引張力が作用するとき、部材内部に生じる力(内力)です。下図に引張応力と引張力、引張応力度の関係を示しました。

引張応力と引張応力度

建築では、引張応力と引張応力度を使い分けます。一方、他分野では、引張応力度のことを引張応力ともいいます。下記に引張応力と引張応力度を整理しました。


但し、他分野では引張応力度のことを、「引張応力」ともいいます。そこで今回はあえて引張応力(=引張応力度)として説明しますね。

スポンサーリンク

引張応力の公式と求め方

引張応力の公式は下記です(前述したように、建築では引張応力度と引張応力を使い分けます。今回は、敢えて引張応力と書きました)。


σは引張応力(引張応力度)、Pは引張力、Aは部材の断面積です。下図に各力と上式の関係を示しました。

引張応力の求め方

下図に示す部材に、引張力が作用します。部材に生じる引張応力を計算してください。引張応力の単位は、「N/mu」とします。

引張応力

P=50kN、A=10cm^2です。よって、

です。引張応力の計算は簡単ですね。力の単位に注意してください。力の単位は下記の記事が参考になります。

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係

引張応力の記号

引張応力の記号は、

が一般的です。

引張応力と引張応力度の違い

ここまで、引張応力と引張応力度の意味を敢えて混同して説明しました。ただし、建築では「応力」と「応力度」の意味は明確に違います。


引張応力と引張応力度の違いは下記です。

応力と応力度の違いは下記の記事が参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

まとめ

今回は引張応力について説明しました。引張応力の意味が理解頂けたと思います。建築では、応力と応力度を使い分けるので、混同しないよう注意したいですね。今回は、あえて引張応力(=引張応力度)として説明しました。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 引張応力とは?1分でわかる意味、公式と求め方、記号、引張応力度との違い